FC2ブログ

日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
閉鎖病棟」のコメントで、ふくろうさんが「ちょっと長いけど、感動します」とススメてくれたのをやっと、読んだ。「閉鎖病棟」はあまりピンと来なかったが、「国銅」は長いけれど、読み止められない粘り強い面白さがあった。
長門の奈良登りという銅山で、都へ献上する銅をつくる人足。
その中に、若き主人公・国人(くにと)は、いた。

来る日も来る日も少ない食事で、過酷な労働。
岩を切り出し、焼いて銅を取り出す。そのためにたくさんの人足が様々な部署で働いている。
国人の担当は、最初は堀場で岩を掘る仕事、そのうち釜屋に移動し、石を焼き、その後、吹屋でたたらを踏む。
ここで作られた銅は、都で大仏を作るのに使われるのだが、その都での人手が足らないため、奈良登りからも人足を出すことになる。
国人も含めた15人が、大仏をつくる人足として、都にのぼることに。

歴史的には、聖武天皇によって天平17年(745年)に作り始められ、天平勝宝4年(752年)に開眼供養会(かいげんくようえ、魂入れの儀式)が行われた、今の東大寺にある、あの「奈良の大仏」だ。

都では、これまた過酷な、何年間にもわたる大仏づくりの苦役が待っている。

このストーリーだけ読んでいると、どこが感動なんだ、と我ながら思ってしまうが、人足たちの日々の素朴な暮らしぶりや、銅作りや大仏作りの詳細な工程(この描写がリアルでわかりやすくて興味深い)、主人公・国人の素直で利発な性格と、それを愛されて周りから字や詩や薬草の知識を習い、成長する様が、地味なんだが、引き込まれる。

「お前がお前の燈火。その明かりで足元を照らせ。」国人に文字を教えた僧が伝えた、釈迦の言葉。
「そなたたちが、あの盧舎那仏を造ったとなれば、そなたも仏だ」「そなたたちも仏だ」都で出会った、僧の言葉。
この言葉が、国人の胸にずっと残る。読んでる私の胸にも明かりのようにずっと残る。
つらい生活や、悲しい別れが続くほどに、この言葉が思い出される。

長い労役が終わり、やっと故郷へ帰れる日が来る。
もうこの頃には、完全に読み手は国人によりそい、故郷へのじりじりするような長い道のりを、一緒に歩むようになっている。
どえらく!面白かった、気分爽快!

星新一のショートショートは、短くて文体が簡潔で、奇抜な発想で、唐突に宇宙人や不思議な生き物が出てきたりするのに、ちゃんと納得できるよう筋は通っていて、とても読みやすい。
夜、読み始めると、「もう1話だけ」が延々と続いて眠れなくなるので要注意だ。

全39話、うち最初の7話が、イソップ童話のパロディなので、このタイトルなんだろう。
おなじみの「北風と太陽」や「オオカミがきた」も星新一の手にかかると、風刺のきいた洒落たオチに。

中でも面白かったのは・・・

●少年と両親
ショートショートは、オチでそれまでの話の流れがクルリとひっくり返るのが面白い。星新一は、オチまでの話を生かしてその勢いをつけたまま、クルリとオチがくる。無理がないのに見事な逆転がうまい。
息子を溺愛する両親。それがクルリ、となると・・・。

●ある夜の物語
ハートウォーミングで微笑ましい。
パッとしない青年、クリスマスの夜を一人寂しく過ごしているところに、サンタクロースが現れる。
プレゼントは、物理的にモノをもらうという事よりも、プレゼントをもらったという気持ちが嬉しいよね、という事を思い出す。そしてプレゼントをあげる気持ちも嬉しいもの。

●奇病
たった2ページ、500文字程度の短さで立派な物語が。オチもあるし。見事だ。

●底なしの沼
地球人と異星人との長い戦争。お互い疲弊して休戦しようとするのだが・・・。
戦いは始めるのは簡単だけど、という教訓的な話。

●ある商品
ある日やってきた宇宙人が、ただで若返りの薬を提供する。
もちろん、タダより高いものはない系のオチが待っている。

●やさしい人柄
死刑囚専門の刑務所の心やさしい所長。囚人もこの所長には心を開いてくれるのだが、そんな囚人たちを死刑台に送るのがつらい毎日。そんなある日、奇妙な偶然に気がついて・・・というちょっとしたホラーをこんな短編でキレイに書けるのがすごい。


ストーリー:◎
しゃばけシリーズ5作目は、初の長編モノ。

箱根へ湯治の旅に出る若だんな。生れて初めての旅先で、いつも過保護で決してそばを離れない守役の妖(あやかし)2人とはぐれ、人にも妖にもなぜか狙われ追い回される始末で、ワケのわからない事ばかり。

物語がすすむうち、少しずつワケがわかってきて、からんだ糸がほぐれて壮大な広がりをみせてゆく。のだが、このすすみ方に今イチ勢いがなくて、物足りなく感じてしまった。

どんな危機一髪の時も、波乱万丈な時も、守役の妖たちは、とんちんかんな位、若だんな一筋で若だんなにとことん甘い。その掛け合いっぷりは相変わらずで、場面にそぐわない心配性なセリフと、独特の間が、面白い。

気楽に見える若だんなにも、ひ弱な自分が店を継ぐことへの不安がくろぐろとうずまいている。

『どうにもならない事が起きたとき、どうしてる?』の問いに対して
『あちこちへ行くのさ』
『出来ることを増やしてるんだ。するともっと、やりたいことが出てくるから、不思議だよ』
という、心持ちが健気。

『「生れてきた者は皆、強いとこも弱いとこも、どっちも身の内に持ってるもんらしい」
だが、強いところ表に出すには、鍛錬がいる。』
その鍛錬の一歩目が、若だんなの言うように、「出来ることを1つずつ増やす」ことなのではないだろうか。

人を、どうしようもない弱い生き物として描きつつも、強さも持っているとして、そのためには、できることをまずやろう、その一歩の大切さを教えているのかしら、と思う1冊。
青臭いけれどもこういうテーマがあるのがしゃばけシリーズのよいところ。だが、今回は長編の割に、そのテーマがあまり色濃く出ておらず、ハッと胸をつかれるようなエピソードとからんだ表現が少なかったように思える。
しゃばけシリーズ7作目。
母上が買ったハードカバーをもらいうける。
自分では文庫本しか買わないため、5作目「うそうそ」6作目「ちんぷんかんぷん」は未読のままだ。
おなじみ登場人物なので、2冊くらい間が抜けていても問題ない。

どうも今回は物足りなかった。
小事件が起きて、若旦那がそれに関わって、妖たち大げさにとんちんかんな世話をやいて、全体的にのほほんとした、それだけで終っているような・・・その雰囲気がこのシリーズのよさなのだが。
飽きてしまったのか、染み入るような感動が物足りない。期待感が大きいのか。
料理と同じで、本の味も、読んだタイミングで変わるから、また別の機会に再読したら印象も変わるかもしれない。

「餡子は甘いか」
という話が、唯一じんわり来た。

若旦那の幼なじみで和菓子屋の跡取り息子・栄吉は、天才的にあんこ作りがヘタ。でも菓子作りは大好きで、いつか・・・!とへこたれずに修行の毎日。
しかし全然上達しない。
そのさなか、何度も何度も、「自分には才能がないのでは?」「こんな事をやっていて生活していけるのか?稼げるのか?」とリアルな悩みを持ってしまう。
自分の努力が報われない時に、人にそれを指摘されれば、それはヘコむ。
それでも健気に『諦めたらそのとき、おしまいになる。己を疑うな。大丈夫だ。』とがんばっていても、諦めたら駄目だとわかっていても、どうしても頑張れない時は、ある。
それは、自分が苦労している横で、大して苦労もせずラクラクとそれを達成し、周りの人にもそっちが評価されてしまった時。

それでも、栄吉は立ち直った。
そして最後は、菓子の師匠にも認められた。
『何事に付け、やり続ける事が出来ると言うのも、確かに才の一つに違いないんだ。お前さんには、その才がある』
『結局、(器用にこなして上手にできるようになる人よりも)修行の先にある菓子作りの面白みを知るのは、お前さんの方かもしれねえなあ』

山岸涼子のバレエマンガ「アラベスク」を思い出した。
ロシアの田舎バレエ学校の落ちこぼれ生徒だったノンノ。秘めた才能を見出され、バレエ界をかけ上がる。そこで出会ったライバル、天才少女ラーラ。
ラーラが一度で踊れるものを、努力型のノンノは、何度も何度も叱られ、苦しみ、悩んで練習また練習。この2人が勝負して、ノンノがきわどく勝利するが、ラーラはあっさりバレエをやめる。
あれだけ才能があるのに・・!と憤りすら感じるノンノに、ある人が、石にかじりついてでも得たモノを、人は決して手放さないが、苦なく手にしたものは、惜しいと思わず捨てることができるのかもしれない、と言う。

あきらめて努力し続けても、達成できない事はある。
人生は有限なのだし、だから簡単に、「あきらめるな」というのが良いとは限らないけれど、でも、しゃばけシリーズでは、これでよいと思う。この本は、そういう美しさを持ち続けてほしい。

どんな奇抜なオチなんだ?と、ショートショートを期待して読んだのだが、この作品はふうわりと優しいファンタジーだった。その点がずれていたので、ちょっとがっかりな読後感。
平易で読みやすい文は相変わらず。

少年「僕」が、いろんな人の夢の世界をめぐる。
僕は、夢を見ている人の、現実の姿も垣間見ることができて、王子様が寝たきりの病人だったり、現実では華やかに笑っている人が夢の世界は悲しい街だったり、深い洞察だなあと思わされるのだが、ショートショートの過激さがなくて物足りなかった。

SFでもファンタジーでも、ありえない状況や見知らぬ世界を描くとき、だからといってデタラメでよいわけではなく、その中では筋が通っていたり、つじつまがあっていないと気持ち悪い。
放置すべきところは放置し、説明をつけるところはつける。
その創り方が、星新一は、やはりうまいと思う。

ストーリー:◎

2007年に啓文堂書店おすすめ文庫大賞に選ばれベストセラーとなった短編集。
『これを「おもしろくない。」と言うならば、もうおすすめする本はありません。』という強気なオビの文句に惹かれて購入。

タイトルから、ほの淡いファンタジーを想像していたら、全く違った。
星新一のショートショートを彷彿させる、日常生活を描いてるようで、読み進むうちどこかがズレてゆく奇想天外な物語たち。

郊外に買ったばかりのマイホームで、妻が「だれかいる」と言い出す。
夫は、出産・引越しと立て続けに忙しかった妻の幻覚だと相手にしないが、ある日、自身が、深夜に、洗面所で歯を磨く見知らぬ男に遭遇。
男は「どうも」と挨拶し、床下に消えていった。
床下に見知らぬ男が住んでいる。超・異常事態なのに、なぜかすんなり受け入れてしまい、まあいいかと放置することに、なるのだが・・・・。

こういう物語は、あらすじを書けないトコロがつらい。

主人公である夫は、仕事が超多忙。
定時で帰ろうと思った日も、満員電車で出勤したら一服する間もなく早朝会議、得意先からのクレーム電話が次々とかかってきて、電話に会議に来訪者の応対、気がつくと夜の九時、さらにそれから出張の準備・・・・・。
妻と子と、一緒にいる時間もない。
それを妻に、糾弾される。

『あたしたちを養うために、あたしたちといっしょにいられない。それって一見、理屈が通ってるようにみえるけど、でも、それじゃ、なんのためにあたしたちは結婚したわけ?なんのために家族になったわけ?一緒にいたいから家族になったのに、その家族を維持するためにいっしょにいられない。そんなのって、どこかおかしいと思わない?』

この指摘、するどい。

全編をとおして、働き方と家族のあり方についての物語である。
ユーモラスな雰囲気、簡潔で読みやすい文章とヘンなストーリーが楽しくてサクサク進むが、ふと立ち止まると、するどい風刺を感じ、思わず考えてしまう。
わかりやすい物語にするためか、登場人物の意見はどれも極端で、あまり感情移入できないが、ショートショートらしく、共感して読むというより、自由な発想のストーリーを楽しめば面白いと思う。

クセモノぞろいの常連が集う酒場。
「とっても不幸な幸運」という名の缶をあけると、幻が見えたり、曲が聞こえたりして、開けた人の何かが動き始める。

常連と店長が店の調度品を壊すようなケンカをしたり、深刻になりそうな事態も常連達の賭けのネタにされたり、どたばた&コミカルな人情バナシに謎ときミステリーをトッピングしたようなものにしようとする意図はわかるが、「しゃばけ」の世界ではぴったりきてたそれが、このハナシでは、どこかリアルでなくて面白くなかった。

謎ときのまどろこしさ、こじつけっぽさも気になってしまい、すんなり読めず。

オビによると
『山本周五郎賞受賞作
なぜ、彼は殺さねばならなかったのか?
閉じられた空間「精神科病棟」で起きた
感動のドラマ・・・・・・』

精神病というと、気が狂っていて、残虐なことが平気でできたりする、というイメージが特に小説では強いけれど、この本では、ごく純粋で、気持ちも優しい患者たちが、どちらかというと、不器用に描かれている。
著者は、珍しいことに現役の精神科医らしい。患者さんへのあたたかいマナザシを感じる。

精神科病棟の患者の思いや行動をつづる、あたたかいマナザシを感じるエピソードがちりばめられた本。
ストーリーといえば、私はイマイチだった。
オビから期待したイメージは、殺人事件が起こり、それを中心に物語が進み、だんだんと解明されてゆく・・・というものだが、そういうハナシではない。
殺人が起こるのはほとんどラストで、犯人も動機も分かった上で起こるくらいなので、ミステリーとして期待しない方がよい。

ストーリー:◎

しゃばけシリーズ第2弾。
江戸の大店の病弱な若だんなと、それを助ける妖たちの物語。何篇かのお話が入っている。

1作目のときは、これほど面白いと思わなかったのだが、2作目はすごくいい!と思った。この本を読んで、このシリーズは全部そろえよう、と決意。

●若だんなの名推理が冴える謎解きとしても楽しみだし、

<空のビードロ>の松之助が、日々がつらくても「でも生きていればいつか何か、心が浮き立つようなことに出会えるに違いない」と健気に思って、それでもくじけそうになって、でもやっぱりまたこう思えるようになるシーンとか、

<仁吉の思い人>で、妖である仁吉が、「恋しい、ただただ恋しくてたまらないのさ」と思う一途な恋心とか、

<虹を見し事>で、病弱な自分が将来大店を仕切れるのか日ごろから不安な若だんなが、ある事件で、自分の力の及ばなさを痛感して、「私は本当に、もっと大人になりたい。凄いばかりのことは出来ずとも、せめて誰かの心の声を聞き逃さないように」「いつかきっともっと大人に、頼られる人になりたい」と固く思う決意とか、

すごく美しいシーンがある。
きれいな夕焼けを見たときのような、染み入る感動がある。

若だんなにしても、他の登場人物にしても、いい人ばかりで、ちょっとキレイ過ぎるかもしれないけれど、こういう美しい心映えは大切だ、と思わされて、いい。

<虹を見し事>は、まるで夢の中にいるかのような、ワケのわからない状況から、その状況が明らかになり、それと共に若だんなの「大人になりたい」という決意が、ごく自然な流れで描かれていて、ストーリー運びも見事。
キャラ:○

第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞。
江戸時代モノなのに、ファンタジー?と思ったが、ごく自然に江戸時代+ファンタジーが融合している。
そういえば、日本では昔から、器物が100年を経ると、魂が宿り、付喪神(つくもがみ)という妖怪になると言われているではないか。(「付喪」は当て字で、正しくは「九十九」と書くらしい)


●江戸で、廻船問屋と薬種問屋をいとなむ大店の、病弱な一人息子「若だんな」には、妖(あやかし)がついている。
人間の姿をして店でも手代として働く仁吉、佐助は、白沢(はくたく)、犬神という力の強い妖。若だんなに仕え、世話をやいてくれ、時には迷惑とも言えるほど、大事にしてくれる。
その他、鈴の付喪神の鈴彦姫、小っちゃな小鬼のような鳴家(やなり)、屏風の付喪神、かわうそ、、、などなど、にぎやかで、本人達は至極マジメだが、やはり人とは感覚が異なるせいでか、どこかユーモラスな妖たち。

この本では、夜道で殺人現場に行き会ってしまった若だんなが、危ない目に遭いながらも、妖たちと事件を解決。ついでに、なぜ若だんなに妖がついているのか?も解明される。この後、シリーズ化されており、続きはまだまだ。

人のいい若だんなと、妖たちの掛け合いが楽しい。
独り立ちしようとする若だんなに、いつまでも子ども扱いの周り。黙って抜け出しては、見つかり、周りを心配させ、怒られる。同じパターンが続くのだけど、飽きないし、微笑ましい。