日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇書と有名な「ドグラ・マグラ」に手を出す前に、ちょっとお試ししてみよう、と買ってみた。
いずれも大正~昭和初期に書かれた作品たちで、作品の舞台はだいたい明治・大正時代。

ストーリーを楽しむというより、雰囲気を楽しみたい本。
ストーリーも、ちょっと奇怪でピリリとした辛味があるが、要約すれば3行くらいで終わってしまうような話を、ゆっくりじっくり、丹念に書くものだから、明治・大正時代の古い言い回しや、漢字の多さなどと相まって、ゆらゆら妖しくて魅惑的な雰囲気をかもし出す。

特に印象に残ったものをあげると、

●押絵の奇蹟

明治35年。
ある娘が、自分を慕ってくれる男性の前から、姿を消した。
その理由を、女らしい、か細い文体で、切々と綴った手紙形式。

長々と語られる生い立ち話は摩訶不思議で、娘の両親にまで、話はさかのぼる。

ほっそりと世にも美しい母親と、昔気質の頑固でいかめしい風体の父親。
長く、子ができなかった夫婦にようやくできた娘。
両親に可愛がられ、健やかに育っていたのだが・・・・・。
その生い立ちから、どう男性とつながってゆくのか。歯がゆいくらい少しずつ、明かされる。

表題の押絵とは、歌舞伎の1場面を図案化し、各パーツごとの厚紙を綿と共に布でくるんで作る、絵のことで、娘の母親は手先が器用で、それは見事な押絵を作ることができた。

母親が作り、今は色も褪せた、神社に奉納されている、2つの押絵。

『あなた様と私の運命にまつわっております不思議な秘密と申しますのは、その二枚の押絵の中に隠れているので御座います。私の背中と胸にあります突き疵(きず)と申しますのも、あなた様のお唇を安心してお受け出来ないようになりました原因と申しますのも、みんな、もとを申しますと、その二枚の押絵がした事なのでした。』

と、娘の語りは始まる。

ともすれば平凡な物語となるのを、娘と母親のすさまじく気高く一途で清らかな執念のようなのが、凄みを与える。

物語は一方的な女性からの手紙の内容だけで終わり、結末は語られない。ほのめかして終わるのが、またこの雰囲気に合っている。


●瓶詰地獄

短い話だが、よくできている。

手紙が入った瓶が3つ、ある場所で発見される。
それは、無人島に漂着し、そこで何年間も暮らした兄妹からのもの・・・。

時系列的には、逆の順番で、手紙の内容が紹介される。

最初に3つ目の内容で、結末を教え、
次に2つ目の内容で、その結末に至った理由がわかり、
最後に、まだ何も起こっていない頃に書かれた手紙の内容が、無垢で、結末をすでに知る読者に、つきささる。
この順番がニクいなーと思う。


●猟奇歌

五七五 七七 の短歌形式で、ちょっと猟奇な内容を歌う。
下の2つが印象に残った。

『誰か一人
殺してみたいと思ふ時
君一人かい…………
………と友達が来る』

→この短い短歌1つで、立派なショートショートの小説のようで面白い。


『蛇の群れを生ませたならば
………なぞ思ふ
取りすましてゐる少女を見つゝ』

→どことなくエロチックで恐くてキレイ。

夢野久作の作品は、すでに著作権が消滅しており、ネットの青空文庫でも読める。
青空文庫の「猟奇歌」を見ると、私の読んだよりもっとたくさん載っているので、この本に載っているのは一部抜粋のようだ。

青空文庫の方に載っていた、こういう自嘲的なバカっぽいのも面白い。


『ニセ物のパスで
 電車に乗つてみる
超人らしいステキな気持ち』


『今日からは別人だぞと反り返る
それが昨日の俺だつた
馬鹿……………』


『これが女給
こちらが女優の尻尾です
チヨツト見分けがつかないでせう』

<収録作品>
いなか、の、じけん抄
瓶詰地獄
押絵の奇蹟
氷の涯
人間腸詰
猟奇歌
謡曲黒白談より
杉山茂丸
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/95-bf5dc0b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。