日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終戦争で文明が衰退し、巨大キャタピラで荒地を移動する都市たちが互いに喰らいあう世界を描く未来SFファンタジー2作目。
今回も個性あふれる移動都市たちが登場し、いろどり豊か。

前作から2年後。
優しくハンサムでお人よしのトム、顔に恐ろしい傷をもつリアリストな少女ヘスター。
前作でトムの出身地、ロンドンが崩壊し、そこを後にして飛行船ジェニー・ハニヴァー号で旅をする2人は、北の氷原を移動する都市アンカレジに不時着する。
そこは、「冬の宮殿」に住む若干16歳の「辺境伯」と呼ばれる美少女が治める、由緒ある都市。
だが、疫病の流行で死亡・脱出する人が相次ぎ、人口が激減。閑散としたつめたい静かな街になっている。

都市への安住と、美しい辺境伯に惹かれるトム。
トムとの心のみぞを感じ、それを埋めようと必死のあまり、思いつめてアンカレジを飛び出すヘスター。

一方、移動都市文明に反発する反移動都市連盟は、より過激な一派と保守派に分裂、過激派は恐ろしい古代兵器を再びよみがえらせ、移動都市の殲滅をたくらむ。

「ロストボーイ」と呼ぶ子供達とスパイメカを多数あやつり、各地の情報を収集する謎の人物、アンクル。

獰猛なほかの移動都市に狙われながら、アンカレジは辺境伯の断により、ある場所へ向かうことを決意。

これらの出来事に、トムとヘスターが関わり、巻き込まれ、くるくるとすごい密度で息つく間もなく話が展開してゆく。
前作にも増してハイスピードでハイテンションな展開。多彩な登場人物。
アニメのような派手な場面が続いて、楽しい。

次作は、この本から16年後の物語らしい。
また日本では出てないようで、残念。早く先が読みたい。
ストーリー:◎
コメント
この記事へのコメント
自分の感想には書きませんでしたが、何かこう、世界が混沌としていて、次に何が出てくるかわからない、そんな感じにわくわくします。細かい部分もおろそかにしていないので、とてもリアリティを感じます。
もっと話題になってもいいのに…。
2008/12/17(水) 22:39 | URL | ディック #22hNL7Yc[ 編集]
これぞSFファンタジー!冒険活劇!て感じで面白いですよね。
そうなんですよね・・・もっと人気があってもよいと思います。
2008/12/18(木) 16:17 | URL | homamiya #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/88-6862a346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。