日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラ:◎

噺家・柳家小三治の、落語の前の小噺(まくら)をテープから起こして文章にした本。前作「ま・く・ら」に続く2冊目である。前作よりも本音が語られているというか、人柄や考えている事があらわになる小噺が多くて面白かった。

全体的に、オカシイ。しかも、味がある。

解説で小沢昭一が語る下記のようなホメ言葉が、とてもよくこの本をあらわしている。
いずれの小噺も、柳家小三治の身辺におこった実話であるが、

『だいたい実な出来事は、毎日のようにわれわれの身の周りで進んでいるわけで、ありきたりの実にも、トッピな実にも、しょっちゅう囲まれて、あたしら暮らしているわけだけれども、そういう日常の雑多な実のなかから、あなたは「噺」をつかまえてくる。そのつかまえ方、つくりあげ方が、まぁ、ニクイほどうまい。』
のである。

その理由として、柳家小三治の物事を見つめる視点が、ユニークだからという点を挙げて、ユニークさについてこう語る。

『そのユニークさは、あなたが、常識にとらわれない独自のマナコで物事をニラんでいるからでしょう。しかもその独自のマナコは、なにも物事をハスッカイに見てやろうなんて魂胆ではなく、あなたにとっては、実は、ナイーブな目なんですなぁ。素直な自我がニランでるんです。そのユニークな自我を持っている人の語る言葉だからオモシロイのですよ』

小三治自身が、本の中で言っている。
落語を聴いた人が落語を面白いと思ったときは、その陰にいる噺家を面白いと思っている、と。
ベートーベンの「月光」がいいと言うとき、それは音楽自体に価値があるのではなく、ベートーベンという人間の力に感動するのだ、と。
どんな職業の人も、根本にあるのは、その人自身、その人間そのもの。
そう思うからこそ、柳家小三治は、いろんな事に首をつっこんだり、調べたり、考えたり、そうして日々、人間として面白さを鍛え上げているのかしら。

その旺盛な好奇心、「面白い」を追求する根本にあるのは
『人間が楽しめるものみんな楽しんで、それから死にたいですねあたしは。楽しんでみなきゃわかりませんよ。』
という心持ちなのだろう。

子供の教育について。とことん面白いものを追求した人には、こう言える。
『何やったって必ずいつかはいいものを求めるようになるんです。』
だから、親がワルいと思うモノに子供が興味をもってしまったとしても
『興味が向いたらどんどんやらせりゃいいんです。早く飽きさせたらいいの。いいものは飽きないですよ。』

そしていろんな事をやって、いいものが残り、そしていろんな事をやったという経験が、また、面白い人間をつくるのだろう。
はじめからいいものばかり厳選されて与えられるよりも、いろんな経験の中から、いいものが残る方が面白いと思う。

この本は本当に面白くて、一気に読んでしまったのだが、あとがきに
『先を急がないで下さい。例え黙読でも、私がおしゃべりしてるのと同じ速度で読んでくれませんか。』
とあるのを読んで、ナルホドそうか、と、もう一度ゆっくりペースで読み直し、その方が、より楽しめた。面白くても、わざとゆったりと読むのをオススメする。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

小三治さんの本。とっても、楽しまれていますね。
ゆっくりと味わって読むなんぞ、まさにこの本にピッタリ。
エッセイの中では、笑子さんの話が特に印象的でした。

小三治さんじゃないけど、少し前の雑誌「サライ」が落語の特集をしていて、志ん生・文楽・正蔵(先代)の落語CDが、付録で付いていました。
とても、よい音源なので機会があったら、お楽しみ下さい。
2008/12/22(月) 21:54 | URL | 本命くじら #89zBIK8s[ 編集]
笑子さんのエピソード、印象的でしたね。小三治さんの人に対する優しい好奇心がよくあらわれてます。
情報ありがとうございます!サライ探してみます。
小三治さんと、本命くじらさんのおかげで、どんどん落語にハマりつつある気がします。
2008/12/25(木) 03:00 | URL | homamiya #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/86-f3ee3c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。