日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北村薫、宮部みゆき、の二大ミステリー作家が選んだアンソロジー「名短篇、ここにあり」の続編。
昭和初期から終戦直後に最盛期を誇った作家たちの短編が並ぶ。

前作の方が印象深かった。
時代背景からか、貧しさや死が題材だったり怖いモノも多く、全体的に古くて暗い印象。

特に印象に残ったのは、

●吉屋信子「鬼火」
ガスの集金人が体験する身の毛のよだつような、怪談。
人気の途絶えた家の暗~いシンとした台所に、ぼうっと光り続ける青いガスの炎。
・・・こわい。実にこわい。
こういう絵画的なイメージがくっきり浮かぶと、やはり心に残って忘れられない。
幽霊が出るわけではないが、立派な怪談。
後味の悪さも最高、この短さでこの印象の強さはすごい。

●岩野泡鳴「ぼんち」
人が死にかけているシリアスな話なのに、滑稽にまとめられている。
「で、何が言いたいの?」と思ってしまうストーリーなんだが、北村薫と宮部みゆきは、あとがきの対談でこう書いている。

『「文学とは人間如何に生くべきかを書くものである」と言う人に見せてやったらどうか、と思うんですけれど。なんという無意味、なんという馬鹿馬鹿しい人生、こういうものを書くということも、小説の一つの面としてあるんだということを強く感じましたね。』

『作品を発表すると「テーマは何だ」「何が書きたかったんだ」と、インタビューが来ますよね。私はそういう真面目な人にこれを読んでもらいたい。このテーマは何だ?かくも無意味無駄な馬鹿らしい死、それだけなんですよね。それだけで、読んだ人間の心を動かすし、忘れられないですね、これは。』

作家がこういう事を考えてるのが面白いと思った。
そうか、小説って、別にテーマがなくても、いいんだ。

一人で読んでいたら、さらりと読み流して特に何も感じない作品でも、この対談のように、他の人の(それも北村薫と宮部みゆきのような博覧強記な現役の作家さんの)感じたことをつまみ食いしつつ読むと、「ああそうか」と共感したり「そうは思わないなー」と反発してみたり。が、できるのが、楽しい。

収録作品は下記のとおり。

舟橋聖一「華燭」
永井龍男「出口入口」
林芙美子「骨」
久住十蘭「雲の小径」
十和田操「押入の中の鏡花先生」
川口松太郎「不動図」
川口松太郎「紅梅振袖」
吉屋信子「鬼火」
内田百「とほぼえ」
岡本かの子「家霊」
岩野泡鳴「ぼんち」
島崎藤村「ある女の生涯」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/83-ccbbf611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。