日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文:◎

古代中国を舞台にした6つの短編。
いずれも、ちょっと幻想的で、ミステリアスな物語。この作者の静かな文体がよく似合っている。

1つ1つの物語のストーリーがすごく面白いかというと、そうでもないのだが、淡々とした穏やかな、でも清潔な色気のある雰囲気が好きで、再読してしまう。

何が色気かというと、どの話にも、ひどく魅力的な女性が出てきて、その描写がとても美しい。
漢字の使い方がとてもうまいなあ、と感心する。

女性の裸体についての描写は・・・
『女は息を呑むような美しさであった。窈(くら)さの底に横たわった全身から虹が立つようにみえた。』だとか。
『女の首が皎(しろ)く浮いた。』だとか。

ラブシーンはこんな感じ。
『淡いかおりが妻の領(えり)のあたりから立っている。そのかおりに添うように疾は妻の胸に手をいれた。
「あ、主よ」
妻は領のうえから疾の手をおさえた。そのしぐさにも夭々(ようよう)たるかおりがうしなわれていない。』

月夜に水浴する女性については、
『月光のせいであろうか、女の肌はこの世ならぬ美しさで、光って落ちる水滴は真珠のようにみえた。』

女性の髪については、
『月光が音をたててながれたかとおもったのは、髪がゆれたせいであった。』
だとか、だとか。

これが私と同じ「人間の女」というカテゴリに属する生き物なんだろうか!?と思うような美しさ。かなり大げさな描写だが、ずっとこんなのが続くワケではなく、大体がマジメな雰囲気の中に、ぽうっと光るようにこういう描写が潜むところがよい。

また、途中、こんな漢詩が出てくる。

桃の夭々(ようよう)たる灼々(しゃくしゃく)たるその華、この子ここに帰(とつ)げば、その室家(しっか)に宜しからん

『十五歳くらいの、美しさに艶がくわわろうとする少女』をうたった詩だが、この詩は、そういえば、「「サヨナラ」ダケガ人生カ―漢詩七五訳に遊ぶ」で読んだなあ、と再会をなつかしんだ。とても可愛らしくてメデたい感じがよくて気に入った詩の1つだった。
こういう本の世界での再会は、なにげに嬉しい。
全文は下記のとおり。

桃の夭夭(ようよう)たる
灼灼(しゃくしゃく)たる 其の華
之(こ)の子于(ここ)に帰(とつ)ぐ
其の室家(しっか)に宜しからん

桃の夭夭たる
有(また)賁(ふん)たり其の実
之の子于に帰ぐ
其の家室(かしつ)に宜しからん

桃の夭夭たる
其の葉蓁蓁(しんしん)たり
之の子于に帰ぐ
其の家人(かしつ)に宜しからん
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/77-57546f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。