日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ:◎

噺家・柳家小三冶の、18編のまくら集である。

まくらとは、本人のあとがきによると・・・
「噺の枕というのは、落語の本題に入る前のイントロで、こんなにいろんなこと長く喋るものではないのです。短い小噺をひとつふたつ喋っておいて、ポンと本題に入るのが江戸前てぇなもんです。本題に自信がないので独演会などの時にぐずぐずごまかしのためにやり出したのです。」
とあり、これがしかし、本題の落語より面白い!と言われるほどで、とうとう本になった。
私はこの著者の落語を聞いた事はないが、まくらは確かに面白かった。

まず、噺家コトバそのままの文体が、いい。ほどよい茶目っ気と柔らかさ。
『以前は外国へ噺家が行くなんてこたぁもう、今で言えば月の世界、火星の世界へ行くような、そんな感じがしたもんでございました。』
などと始まり、その内容は、多趣味で好奇心旺盛な著者の性格を反映して、さまざまな分野にわたる。
それでそれで!?と聞きたくなってしまう、著者のとる行動、思考の行く先。
そして、どれだけ多分野にわたっても、一本筋が通っていて、何の話をしていても、ブレない価値観をもっている事を感じさせる。

・日本人は豊か豊かと言われるけど、アメリカの失業者は、失業保険で生活しながら、庭もプールもある生活。失業しているワケを聞くと、「今おれに合う仕事がないから」と。「合う仕事が出てきたらバリバリ働く」。日本人は何人が、合う仕事をしていると言い切れる?

・外国のホテルのフロントで、ルームナンバーが英語で通じた!それだけで、「オー世界に国境はない」と大喜び。ちょっと通じる、くだらないことだけど、とても嬉しい。

・10年かけて映画を字幕ナシで見れるよう、英語の勉強を志す。字幕に出てこないものを見逃したくない。アメリカ人が涙する一言で涙し、笑うとき一緒の笑いたい。五十の手習いで、単身アメリカの英語学校へ。

・今の子供に涼しいものはナンだ?と聞くと、クーラー、扇風機と答えるだろう、でも本当に涼しいのは山の中とか川のせせらぎだ。大人が忙しくてそれを教えてあげられない世になっている。

・人の一生は子どもの時に決まる。後から性格を変えるのは無理。生れついた性格で爪弾きされるなら、開き直ろう、爪弾きされる楽しさもある。

このように、一つ一つは、他愛もないエピソードなのだが、著者の口調で読んでいくと、ハマる。
そして、「幸せって何だろう?」という考察もある。
その結論は、大層なものではないが、この語りの流れで読むと、胸にすとんと落ちて、いい気分になれる。

空飛ぶ馬」やら「ハナシがちがう!―笑酔亭梅寿謎解噺」やらこの本やら、落語に関わる本を読んでいると、実物を聞いてみたくなる。ちょうど、誕生日を迎える友人が、落語を見てみたい、とつぶやいていたので、誕生日のイベントで、一緒に落語を初体験。新宿の寄席「末廣亭」に行って来た。
イヤなかなか面白かった。話し方も、笑わせ方も、枕も、人それぞれ個性がある。
ちょうど、春風亭柳橋という方の襲名披露公演中で、「ま・く・ら」にも出てくる、襲名される噺家さんへの同期や先輩からの口上なるものがあり、面白くもあたたかい言葉たちで、微笑ましかった。

柳家小三冶のナマ枕も(噺も)いつか聞きに行ってみたい。



コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
ルームナンバーが通じるだけでうれしいのが外国語なんですよね。なんだかわかるなぁ。

末廣亭いらっしゃったんですね。一度行きたいと思いつつ、毎日電車で通り過ぎるだけになっています。
近くのジンギスカン屋さんだけでなく、今度ぜひ行きたいと思います。
2008/09/24(水) 22:58 | URL | kbb #-[ 編集]
こんばんは。
トラックバックありがとうございます。
はい、初の寄席、楽しんできました~。落語、いいですねえ。
末廣亭は木造の建物で、何だかいい雰囲気でした。噺家さんとお客さんの距離も近くて○。
近くのジンギスカン屋さんにも心惹かれます。夜の部17~21時見てたらお腹が空いて、前の人が食べてるお弁当がとても美味しそうでした。
2008/09/25(木) 01:55 | URL | homamiya #-[ 編集]
ブログに書き込みいただいてサンキュです!返信遅くなってスミマセヌ。

ご存知かもしれませんが、小三治さんの番組の再放送があります。
本日26日のNHK衛星第二で10~12時の間で彼の再放送(一時間)があるようです。
衛星をご覧でしたらどうぞ。

ボクのブログには書いていない小三治さんの秘密や哲学や表情が楽しめます。

彼のまくらを収めたエッセイは、大好きです。中には短編の味のある噺もあって、気に入っています。ちくま文庫には「落語家論」の著書もあったと思います。
2008/10/26(日) 07:14 | URL | 本命くじら #89zBIK8s[ 編集]
無事に再放送を録画することができ大変感謝です。
映像で見ると「ま・く・ら」での印象よりきびしめな感じ。でも芯の通った感じはエッセイの通り。
落語に対する情熱やら、考え方やら面白かった。いつか生で小三治さんの落語見に行く。と決めました。
2008/11/06(木) 13:05 | URL | homamiya #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/62-479c6acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「ま・く・ら」 柳家小三治 こんばんは。 土日を使って、夏の最後の思い出を、ということで友人11人と一泊で九十九里浜に行って来ました。初日はあいにくの天気で浜まで行ったはいいものの、寒くて誰も水着になろうともせず早めに切り上げてバーベキューの食材とお酒を
2008/09/24(水) 22:51:33 | あれやこれや
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。