日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文:◎

コトバに救われるときが、確かにある。
この本にのってた言葉を、つらかったとき、何度も思い出してかみ締めた。
言い得て妙だなーと思う言葉がたくさん。

●著者は、女性。旦那は有名な飛行家で、自身も女性飛行家の草分けであり、仕事に家事に多忙な著者が、離島に滞在し、海辺でのしずかな時間で自分や人生を見つめなおして考えた事がつらつらと書かれている。

気を散らかす生活の中で、自分を見失わないために、たまには1人で内なる文化を成熟させる時間をもちましょう、とススメられる。
そして、夫婦、親子、友人など1対1の関係のあり方や、中年になって目指すべき姿について述べていく。


訳の問題なのか、元々の文章がそうなのか、装飾や例えが多いのが若干読みづらい。
ギュっと縮めたら1行で言える事を、3~4行かけてくれる。
逆に、そのためにコトバがじわりと染み込んでくるようで、それはそれでよい。

海辺でのゆったりした生活、
波の音、
波にみがかれた美しい貝の感触、、、
そんなものたちをじっくり味わいながら、自分をクールダウンさせたい時に、よい。

ある哲学者のことば。「自分だけが愛されることを望むのは構わないのですよ」
「二人のものが愛し合うというのが愛の本質で、その中に他のものが入って来る余地はないのですから。ただ、それが間違っているのは時間的な立場から見た場合で、いつまでも自分だけが愛されることを望んではならないのです」
「二つとないものなどはなくて、二つとない瞬間があるだけ」
『前にあった関係に恒久的に戻ることはできないという事実を、そしてもっと深い意味で、或る関係を同じ一つの形で保ってはいけないということを私たちは段々受け入れるようになる。(略)凡て生きた関係は変化し、格調しつつあって、常に新しい形を取っていかなければならない。』

↓リルケの言葉に、うなずく。

『我々は結局は、皆孤独なのである。そしてこの孤独という我々の基本的な状態は、我々がいやだとからと言ってどうすることもできるものではない。リルケが言っている通り、それは「我々に取捨の自由が許されているものではなくて、我々は実際に、孤独なのである。我々は我々自身をごまかして、それがそうではないように振舞うことはできる。しかしそれだけであって、それよりも我々が孤独であることを自覚し、自覚しないまでも、そうであると仮定することから始めるほうがどんなにいいだろうか。勿論」彼はこれに続けて言っている「我々はそう思っただけで眩いがしてくる」』

↓これもリルケの言葉らしい。

「最も近い二人の人間の間にも無限の距離がやはりあることが理解され、それが受け入れられれば、そしてもしこの二人が二人の間にあるこの距離を愛するに至るならば、それは互いに相手の全体を広い空を背景に眺めることを許して、二人だけのまととない生活が始まることになる」

自分が孤独だと思うことは怖いし、だけど受け入れる方が楽になる。
そして、みんなそれを怖いと思うんだなーと知るだけで、ホッともする。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/53-6edea790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。