日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文:○

有名だけど読んだことない本を読んでみよう!キャンペーンを、たまにやってみる。
古典と言われる、長く残っている本はやはり偉大だ、と敬意を表す。

当書は、ゲーテが晩年に、「もし生涯に『ウェルテル』が自分のために書かれたと感じるような時期がないなら、その人は不幸だ」と語ったという、青春小説だ。

●若く教養深く、才気あふれるウェルテル青年が、ドイツの片田舎の町にやってきて、そこで出会った女性ロッテに恋をする。
美しく、やさしく母性的で聡明で可憐なロッテ。彼女も、ウェルテルと気が合い、感性が合い、仲良くなるが、しかし彼女には、婚約者がいた。
誠実で立派な婚約者はとても寛容で、ゲーテのロッテへの慕情を知っても、嫉妬や敵意をもたず、両者を信頼し、ウェルテルも彼を尊敬し、3人で楽しく、夢のような夏を過ごす。

が、清らかな愛であったハズのウェルテルの想いは、次第に抑えきれないほど増し、狂おしいまでになり、ウェルテルを破滅へと導く。

恋の喜び、痛み、恋する相手がいる事で感じる歓喜・至福と、相手が手に入らない身を引き裂かれるような悲哀。自然に対するアコガレ、畏れ。自分の才能に対するプライド、自信、それを分かってくれない上司への反発。
世界に対する倦怠と期待。

誰もが覚えのある、青春時代に抱いていた「気持ち」がたっぷり激しく書いてある本。

人間の内面の感情をあらわに書く、ということが初めて行われた小説だったらしく、当時、ヨーロッパでは一大センセーションとなり、この小説のせいで、離婚と自殺が流行ったほど。すげー。

こんなに鮮明に書けるのも当然で、このハナシ、ゲーテの体験もかなり混ざっている。

立派な婚約者のいる女性に恋をし、婚約者ともども3人で仲良くなるが、次第に苦しくなった、というのはゲーテ自身のハナシ。
それに、やはり人妻に恋してむくわれず自殺した友人の話と、また別の人妻に恋して苦しんだゲーテの体験が混ざって、何年も熟成されたのち、小説化されたようだ。


・2人で同じ景色を見て、同じ詩を思い浮かべた時のヨロコビとか。
・夜どおしの舞踏会明けの朝にまわりがうたた寝している中、
「あなたもおやすみになりませんか?わたくしにご遠慮はいりませんから」
「そのお目があいているあいだは」
とか!
・『ああ、全身の血脈がおののく。ふとこの指があのひとの指にふれるとき、この足が食卓の下であのひとの足に出会うとき!思わず私は火から身をひくが、奇しき力がふたたび前へと牽く。五官はくるめく。』
とか!!

恋って、恋がはじまった時って、こうだよなーと、恋の始めにいない時には決してわからないこの激しさが、なつかしやー。


私が読んだのは、岩波文庫版だが、新潮文庫からも出ているようだ。他の人のブログを見ると、新潮文庫の方は、訳が割と現代語に近い。岩波文庫のは、古めかしい言葉遣いだけど、雰囲気はこちらの方があると思う。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/43-d1c341ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
みんな悩んで大きくなる…のでしょうか?国民生活金融公庫からの借入成功への道18では、国民生活金融公庫さまから「IT資金」として融資...
2008/07/22(火) 22:18:43 | 堂々巡りはもう終わり!~ホロスコープで問題解決!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。