日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初の伊坂幸太郎。本屋さんでずいぶんとこの人の本を見かけ、人気があるのだろうと思っていたが、これまで縁がなかったのを、手にとってみた。
が、この作品にはそれほどはまらず。

●3人の男の視点で物語が進む。
・妻を殺され、復習を誓う元教師の鈴木。
・「罪と罰」を愛読する大柄な男、殺し屋「鯨」。この男を前にすると、人は何故か絶望的な気分になり、自殺してしまう。
・ナイフ使いの若い男の殺し屋「蝉」

視点が切り替わる時、場所が変わり、時として時間が逆行し、でも違和感なくつながり、この切り替えはうまいなあ、と思った。パキパキと切り替わって読みやすい。

鈴木がフツーの男の感性なのに対し、2人の殺し屋は、何人もの人を平気で殺したり、殺した人たちの亡霊が見えて苦しんだり、異常な気配。その対比が、視点の切り替えによって鮮やかになされていて面白い。

「押し屋」という殺し屋を追って、3人が交わる。
鈴木の妻の敵(かたき)である悪い会社も「押し屋」を追い、人が入り乱れる様や、登場人物の描き分けもうまい。
のだが、ストーリーが、結局なんだったのだろう?と最後に思ってしまい、あまり残らない。

タイトルはバッタの事で、「バッタが密集して暮らすと、その中に黒くて翅の長い凶悪なタイプが発生する」というのに由来する。
「押し屋」は言う。人間だってそうだ、と。

人々が密集して暮らす都会では、「穏やかに生きていくほうがよほど難しい」と。

簡単に人を殺せる殺し屋達が発生するのもしかたなし、という話なのだろうか?このバッタの話と、ストーリーがあまりうまく絡んでないような気がして、はまり切れず。期待が大きかった分、残念。
こんど、他の作品も読んでみよう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/21-d802a532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。