日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大好きなムーミンの作者の短編集。
ムーミンの世界に流れる自然や人(人じゃないけど)の何とも言えないコミカルでシュールで皮肉もあって愛すべき感じ、自然の描写は美しく細かく、人の気持ちは直截的でなく圧縮されたような描かれ方、が、どの短編にもつまっていて、いつまでも読んでいたい。

彫刻家の父と画家の母を持ち、自らも画家であり作家。芸術一家での島暮らし、大人になってからも1周数分の電気も水道も無い小さな島に住み、おそらく島の自然をこよなく愛し、観察したのだろう。

「島」や「嵐」の話も多い。海辺の嵐を魂が震えるような喜びで楽しんでいたレイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」を思い出す。その名も「嵐」という短編ではひたすらずっと嵐の描写、それと主人公の女性の心理が混ざった描写にひきこまれる、終わり方も美しい。激しい嵐の後のこの2行がなんとも静かで美しくて好き。
"翌朝の七時頃、嵐がやんで雪が街に落ちてきて、街路にも屋根にも彼女の寝室にも降りつもる。彼女がめざめると、寝室はどこまでも白く、すばらしく美しかった。"

祖母の時間間隔が狂っていくのを嘆く青年の「時間の感覚」も面白い。飛行機の中から眺める北極の夜が美しいシーンもいい。「北極、魔法の子午線、ノームの夜」というつぶやきがあるが、ただ名詞や地名に「の夜」をつけただけの組み合わせで、こんなに美しいつぶやきになるんだ、と。

「植物園」に出てくる、野原の描写も美しい。
現在の植物園の睡蓮の水槽と、過去の嵐によって水びたしになった野原の記憶が混ざり合って、
"素足に柔らかく弾む土の感触を、睡蓮のやさしい肌ざわりを味わう・・・"
という箇所が何とも言えない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/189-88aa7bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。