日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中勘助の「銀の匙」を買った時に、灘校で中学3年間をかけてこの本を読みこむ授業を行った伝説の国語教師がいた、と何かで読んだ記憶があった。
ニュースでその方の訃報を知り、どんな先生で、どんな授業をしていたのか気になり、この本を購入。
内容は濃く、先生の人柄もわかり、満足。「銀の匙」も名著だが、この本も非常に面白かった。

何たって著者の先生が、面白い。
マリス博士の奇想天外な人生」のマリス博士のように、自分の仕事を愛し、はっきりとした信念があり、ユーモアに富んで、歳をとっても生き生きと人生を楽しんでいる様子が心地よい。101歳で亡くなったそうだが、80代から源氏物語の現代語訳をスタート94歳で完成、98歳で灘校で特別授業、99歳のお祝いは大好きだったタカラジェンヌに囲まれ真っ白なスーツに赤いコサージュと洒落こんで。詠まれた歌も実に楽しげ。

21歳で創立間もない、まだ無名ながらも「日本一の学校」を目指す灘校の国語教師に。校長や先輩からは何の指示もなく、ただ公立では出来ない事もできるよ、と後押しするだけ。自分が中学生の頃の授業を思い出せない事に愕然とし、生涯生徒の記憶に残るような授業を!と必死で教材を探し、たどり着いたのが、「銀の匙」。
もともと大好きな本であり、美しい日本語と、主人公の成長の様子を生徒が自分に重ねて楽しめる点がよい、と。
教科書と違って、指導要領があるわけではないので、まず1年かけて研究ノートを作り、授業で何をやるのか考えてゆく。中勘助本人にも、何度も質問したり。
授業では、著者の研究を生徒に再体験してもらう。各項目に自分で主題をつけ、内容を整理し、様々な言葉の意味や由来を調べ、それを使って短文を作り、美しい表現がどこかを探し、何が美しいのか述べ、物語に出てきたカルタ遊びや凧揚げを実際に行い、どんどん横道にそれ、知識の幅を広げもする。
こんな調子で1ページに数週間かけることもあり、そのことについて著者は「スピードが大事なんじゃない。すぐに役立つものはすぐに役立たなくなる。」という名言を。

特別授業で使われた「銀の匙」第二章までの授業ノートの内容もあり、著者が現役時代に心血注いで作っていたノートがどんなものだったのか具体的にわかる。

先生が語る、「国語を学ぶとは」の部分も良かった、自分の子供には将来この本、読んでほしい。
生まれた時から学習している日本語を、なぜあえて学ぶのか?
わたしたちの生活、精神生活も物質生活も、日本語が、つまり国語がなければ成り立たない、国語は私たちの生活そのもの、ことばは生活に密着し、日常生活に間に合えばよいものではなく、国語を通じて人間形成がなされるのだ、と。

国語勉強のポイントは、読む・書く・話す・聞く・見る・味わう・集める。
いろんな本を読んで読む力をつける。
読んだら読後感を必ず書く、どんな事でもよいので書く、そのうち自然に読解力・表現力が身に付く。国語の基礎能力は「書く」ことから。練習方法として読後感、日記、詩歌をあげ、見たこと聞いたこと感じたこと考えたこと、何でも文章にしてみる。
本当の話し上手になるには、まず書き上手にならねば。
見る・味わうも大事。意味がわかってOKではなく実際に体験してみる。教材に狂言が出たら舞台を見に行く、美術評論を読んだらその美術品を見てみる。
気づいた観点で言葉集めをすることで言葉に敏感になり、国語の豊かさがわかる。

この教えに触発され、しばらくさぼっていた読書感想ブログを更新してみた。
「銀の匙」も読み直したくなってきた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/188-f7307390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。