日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年、ノーベル医学・生理学賞を受賞した山中先生がiPS細胞を作り出すのに成功するまでの経緯や、研究に対する姿勢や哲学をまとめた本。

初め整形外科のは臨床医を目指していた山中先生が、紆余曲折の末に、基礎医学を学び、さまざまな苦難を乗り越え、ついにはiPS細胞の作製に至るまでがわかりやすく書かれてるとは思うが、研究者用語みたいなものが多くて、理系でない人には、なかなか読みにくいかもしれない。

専門用語というより、理系の研究者の進むコースとか、研究室生活の様子などの記述など。
欄外に注釈で説明がつけてあるが、いちいち注釈を読むたびに本文が中断されるので。

読みやすい文章で、淡々と描かれていて、短時間でさっと読めるが、その分、残る感動が少ない気がする。
研究者モノとしては、「マリス博士の奇想天外な人生」の方が面白かった。


印象に残ったところ。
アメリカ留学中、グラッドストーン研究所の所長ロバート・メーリー先生から教わった言葉「VW」。
研究者としてだけでなく人生にとっても大切なもの、それはVision(長期的目標)とWork hard(一生懸命働くこと)。

一生懸命働く人は多いが、明確でぶれないビジョンを持ち続けて働くのは難しい。
山中先生は、いろいろ紆余曲折あったが、「ヒトの胚を使わずに、体細胞からES細胞と同じような細胞を作る」というビジョンを掲げて、そこからはそのビジョン達成に向けて短期目標も立て、必要な仲間や材料をそろえ、着々と進んでいくのが読んでいて面白い。

自分の研究が人の役に立ってほしいという強い思い、それを果たすために、研究だけでなく、研究所の運営も新しい試みを導入したり、様々な面で努力されているのがわかる。
iPS細胞が臨床に使われ、患者さんの治療に使えるようになるまで、長い道のりを多くの課題があることを認識し、1日2日のハードワークで乗り切るのではなく、途中でバテずに最後まで走り続ける事が使命だと言い切る。
このあたりにも、山中先生は、Visionを大事にしているのがわかる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/187-ef9d3d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。