日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供を叱らない育児を母親に教え、3歳までの教育で高いIQと優しい心の子供を育てる、という謳い文句の乳幼児教室「TOEベビーパーク」が推奨する家庭でできる育児法を紹介、という本だが、ほとんど宣伝のような内容で、この教室がいかに素晴らしいか、教室の創業者が立派な人物か、に紙面が費やされ、具体的な育児法については少ししか記載がないし、その方法の背景の理論については「紙面が足りないので改めて別著で」とあり書かれていない。
ベビーパークに通うとこんな素晴らしい子になる、という事例紹介はイヤに長い。
ベビーパークがどんな教室なのか、通う前に知りたい、という人にはよいかもしれない。

創業者を紹介するエピソードとして、ホームレスの1人に話しかけられ世間話をしたら、次々とホームレスが集まり、プチ宴会状態になったとあり、本人のコメント「相手が誰だろうと垣根なくまったく自然体でその空間のなかに溶け込めるところは、私の特質かもしれませんね」。
うーん、私はちょっとひくな、このコメント。

大学受験の二次試験で、理科教師を目指すからにはというこだわりで、得意な国語ではなく化学で受験したために、志望大学ではなく滑り止めの私立に行く事になった、というエピソードも、別になくてもいいような・・・。

この本で初めて知ったのだが、乳幼児のIQ診断は、
<子どもの発達度合いから割り出される月齢>÷<その子どもの月齢>×100
というIQ代替値を使うのだとか。

3歳の子どもの、知っている言葉の数、運動能力などが、6歳と同程度だった場合、
<6歳>÷<3歳>×100
で、IQは200となるらしい。

という事は、乳幼児の「IQが高い」というのは、「普通はもっと後でできるようになる事が、人より早くできた」という事なのか。
それは、大人になってからの頭のよしあしと関係あるんだろうか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/186-c1c92768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。