日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術バカでお人よしなダンが、親友と恋人に裏切られ、人生のどん底を味わうところから物語が始まる。初めは何だかわかりづらいなあ、と思っているのが、後半はあっという間に物語がすすんで、痛快な終わり方!前半ぼんやりしていたものも、全てが伏線だったのかと感心する。
スピーディな展開には、そんなのありか?というご都合主義も含まれるが、それも含めて、物語として、とにかく面白い。ハインラインの最高傑作と言われるのも納得。1956年に書かれたものだが、古臭さを感じない。

タイムスリップものだが、物語の主軸は、ダンの復活劇にあり、SFが苦手な人でも読みやすそう。

主人公ダンは、1970年から冷凍睡眠で2000年にタイムスリップする。
実際の2000年とは全然ちがうが、この未来の世界の様子も、リアルに描かれていて興味深い。
ファスナーの閉め方は新しい繊維の出現で劇的に変わり、言葉の意味が微妙に変わっていたり、労働者のために政府が認める余剰生産品があったり(作られてすぐにスクラップにされる)、人口肉が蔓延し、風邪が撲滅されていたり。

タイトルの「夏への扉」と、主人公の飼う猫のピートが、いい感じに物語にスパイスをきかせている。

物語の冒頭。1970年の冬。ダンとピートの住むコネチカット州の古ぼけた農家には12個ものドアがあり、ピートは少なくともどれか1つのドアは夏に通じているという固い信念を持ち、ダンに順番にドアを開けさせては失望する。しかし、それをどんなに繰り返そうとも、夏への扉を探すのを、決して諦めようとはしなかった。

そして、ラストでも。
『(略)ピートは、どの猫でもそうなように、どうしても戸外へ出たがって仕方がない。彼はいつまでたっても、ドアというドアを試せば、必ずそのひとつは夏に通じるという確信を、棄てようとはしないのだ。』

夏への扉。ダンもそれを求めて、ドアというドアを試し、何度も失望しながら、あきらめず、ついにはそのドアを見つけることができた。夏への扉を見つけたダンの最後のモノローグも、なかなかよい。

『ぼくは、時間の<パラドックス>とか、<時代錯誤>をひきおこすことを、心配などはしない。もしも、三十世紀の技術者がタイムマシンの欠陥を克服して、時間ステーションを設け時間貿易をするようになれば、それは当然おこってくる。世界の造物主が、この世界をそんなふうに造ったのだから、仕方がないいのだ。造物主は、われわれに目を、二本の腕を、そして頭脳を与え給うた。その目と、手と、頭脳とでわれわれのやることに、<パラドックス>などあり得ないのだ。』

『この世の真理がどうであろうと、ぼくは現在をこよなく愛しているし、ぼくの夏への扉はもう見つかった。』

『誰がなんといおうと、世界は日に日に良くなりまさりつつあるのだ。人間精神が、その環境に順応して徐々に環境に働きかけ、両手で、器械で、かんで、科学と技術で、新しい、よりよい世界を築いてゆくのだ。』
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/184-5fdfbf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。