日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「こんな恋愛小説を待ち焦がれていた。わたしは、飛行機のなかで、涙がとまらなくなった・・・・・・」児玉清氏、絶賛!!という帯に惹かれて購入したが、私は全く泣けなかった。恋愛に対しては一人一人価値観が異なり具合が激しいからなのか、恋愛小説で「これはいい」というものにまだ出会っていない気がする。

45歳で亡くなった翻訳家で詩人の四条直美が娘に遺したテープ。
そこに語られる、1970年大阪万博の夏。直美はそこで、人生の宝物というべき恋をする。
その内容を娘の婿が起こした、という形の小説。

婿は娘と小学生からの付き合いで、子供時代の婿が見た、直美の描写がなかなか素敵だ。
祖父はA級戦犯という旧家出身のお嬢様でありながら酒も煙草も嗜む不良で、多くの人に愛されかつまた同じくらいの数の人に憎まれ、気に入らない相手に対しては批判や攻撃はせずただほんの数秒間目を見つめるだけ。子供たちを笑わせる冗談を心得、古い外国の曲を流暢な英語で歌う。

テープで語られる23歳の直美は、親に従って許婚と結婚する前に、自由な時間、自分はこれがしたと言い得るだけの何かを探す時間を求めて、両親の反対を押し切り、大阪万博のコンパニオンをやり、運命の相手、臼井礼と出会う。
親に会わせるほどの仲になるのだが、臼井が隠していたある事実を知り、もう付き合えないという短い手紙を残して直美は逃げ出し、恋は終わる。

しっとりした語りは読みやすく美しい。
女性が思うように生きることが難しかったり、戦後の復興、大阪万博の熱狂ぶりなど、時代の雰囲気がよく書かれており、直美の人生に対する沁みるような言葉たちも良いのだが、ストーリーがすごく良いというわけではなく、なんとなく雰囲気がいいなあ、という感じで最後まで全く泣けなかった。

「これでお終いだ、もうどうにもならない。私自身、何度そう考えたかしれません。でも、運命というものは私たちが考えているよりもずっと気まぐれなのです。昨日の怒りや哀しみが、明日には何物にも代え難い喜びに変わっているかもしれないし、事実、この人生はそうしたことの繰り返しなのです」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/178-f0e51abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。