日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユルい感じの中華ファンタジー。
「しゃばけ」「精霊の守り人」と並べて三大ファンタジーと銘うってたが、他の2つに比べると密度が薄い感じで。物足りない。
でもその薄さがユルくて楽だ。

主人公からしてユルい。
唐の時代。
エリート役人の息子・王弁は、幼い頃から英才教育を受けて育つが、働かなくても親の金で生きていけると気づいて、何もしなくなってしまう。
働かず学ばず、毎日庭を眺めたり酒場に行ったり 悪い友達と遊行三昧でもなく女の影もなく1人ひたすらだらだら過ごす日々。

その人生が変わるのは、親の使いで、山に住んでいるという仙人に、贈り物を届けに行った時。
仙人なんているもんかと言う王弁の前に、うらわかい美少女が現れ、僕僕と名乗る。
この少女が実は仙人で、姿を自在に変えたり、病気を治したり、そしてやがて旅に出る僕僕に、王弁も付いていく。

前半は退屈だが、旅に出てからは、物語がリズムに乗り、読みやすくなる。

旅先で、様々な神様や仙人に出会い、時の皇帝・玄宗(楊貴妃に血迷う前の名君だった頃)も出てくる。
歴史や神様についてのわかりやすい解説が魅力。

僕僕は、自分を「ボク」と呼び、飄々として無敵で、王弁が抱く恋心にも「そういうのは大事」だが「食べたりするのと同じ」という冷静な態度。
そのくせ後半では甘える場面もあり、いかにもなツンデレキャラがやや鼻につきつつも可愛いと思う。

王弁が温泉で僕僕にからかわれるシーンが、漫画っぽい。
・・・と思ったのでそのシーンを漫画にしてみた。

僕僕先生1
僕僕先生2
僕僕先生3
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/173-fc7a2e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。