日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文:◎

夏目漱石の弟子、内田百のエッセイ、短編集。
私にとっては、初めての内田百。

この本を読む人は、巻末の解説にある、「イヤダカラ、イヤダ」という、内田百が芸術院会員の推薦を辞退したときにつかった言葉をまず読むことをおススメする。

○格別ノ御計ラヒ誠ニ難有御座イマス
○皆サンノ投票ニ依ル御選定ノ由ニテ特ニ忝ク存ジマス
サレドモ
○御辞退申シタイ
ナゼカ
○芸術院ト云フ会ニ這入ルノガイヤナノデス
ナゼイヤカ
○気ガ進マナイカラ
ナゼ気ガ進マナイカ
○イヤダカラ
右ノ範囲内ノ繰リ返シダケデオスマセ下サイ


なんなのでしょう、この簡潔なワガママさ!まじめなおかしさ!

エッセイも万事、こんな調子なのである。
ドライな文章で、次から次に招かれる偏屈でユニークな思考。
すごくバカバカしいことを、至極マジメに書いていたり。

1つ1つのエッセイは、特に何も起きずに突然終わったりして、最初は物足りなかったが、この表紙の絵のような、みょ~なおかしみがある。
旅先でだらりだらりと読むのがよいかもしれない。

コメント
この記事へのコメント
こんばんはー。

特になにも起きないのに、どことなく妙な世界が広がっていく。そんな文章でしたね。

百先生の手紙。ずいぶん笑わせていただきました。人に物を断るお手本としてビジネス文例集に載せてほしいですね。
2008/08/17(日) 22:25 | URL | kbb #yl2HcnkM[ 編集]
同感です。
何もないのに何かユーモラス、て雰囲気が楽しかったです。
あんな手紙で断られたら、断られた方も楽しくなっちゃいますね確かにお手本になる
2008/08/18(月) 01:36 | URL | homamiya #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/17-e89055cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「百鬼園随筆」 内田百?(けん) 23時。家に帰ってビールでも飲みながらブログでも書こうかと思っていると弟から電話がありました。 車の鍵を無くしたから迎えに来てほしい。 と。場所を聞くと、沼津の近くということで、片道2時間ぐらいかしらと、次の日仕事にも関わ...
2008/08/17(日) 22:15:03 | あれやこれや
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。