日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きちんとした緻密で美しい文体で、侘びたのから豪華絢爛なのまで、さまざまな茶席が語られるのは、読みごたえがある。

今から切腹せんとする利休のモノローグから始まり、過去に遡り、利休の妻や弟子、秀吉らの語りで、利休という人や秀吉との関係がじわじわと示されてゆく。
その展開具合も丁度よく、もっと利休を知りたくなり、先に進みたい気持ちを常に維持して読める。

が、ラストにやっと明かされる、利休が美にこだわる根源のエピソードが、何だか想像通りというか、浅くて陳腐で納得がいかない。
そこが肌に合わなくて、手元に置いて何度も読みたいほどには愛着がわかない。

最近お気に入りの漫画「へうげもの」と、登場人物やエピソードが重なっていて、個人的には「へうげものでああ書かれてた場面か」と絵が浮かびながら読めたのは、とても楽しかった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/160-c6925617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。