日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長く、翻訳が読みづらい。そのため、途中で読むのが辛くなるが、ストーリーは、THE・娯楽小説で面白い。著者が「(読者は)一杯のビールを飲む金を節約して、私の小説を買ってくださるのだから、喜んでもらえるだけの内容じゃなくてはいけないと思う」というだけの事はある。


主人公は月に住む計算機技師マニー。

月には地球から流されてきた囚人やその子孫、移住志願者300万人がいくつかの都市に分かれて住み、女性比率が少ないために女性を大事にする文化だったり、福利厚生などはなく空気すらタダでそのへんにあるものではないという過酷な環境から生まれる「無料の昼食はない(無料では何も得られない)」という住民の意識だったり、という細かい設定が、物語の一部として自然に頭に入ってくるように描かれているのが秀逸。

たとえば、地球からの旅行者が、月の女性に自分から触れて、まわりの男から殺されそうになる場面がある。
主人公は旅行者に教えてやるのだが、まず月には法律なんかない。そんなものがなくても、最低限のルールを守れないような行儀がわるいやつは、過酷な環境下ですぐに死んでしまう。
女性の数が少ないから女性が絶対で、女性から誘ってホテルに行くことには誰も文句を言わない(その夫ですら)が、男が女に、女の許可なく触ったら、殺されても文句が言えない。

月は、地球連邦から派遣される月の行政府に支配され、月の人々は資源を地球に送り続けている。
このままだと月の資源はやがて枯渇し、食糧危機が訪れる未来を知った主人公とその仲間は、地球から独立すべく革命活動を開始する。

物語の主軸となるのが、月世界を管理する高性能コンピュータ「マイク」。
コンピュータにはもともと名前なぞないが、ある日、マニーが、このコンピュータに意識が存在することをただ1人気がつき、「マイク」と命名する。
このマイクのおかげで、またマイクに意識があることを政府側は全く気付かないおかげで、あらゆるデータを集め、シュミレーションをし、計算通りに実行することができ、革命は現実味をおびてゆく。

"ジョークを理解したい"というこのコンピュータが実に愛らしい。
革命の中心となる仲間、主人公の恩師「教授」の老練な駆け引きや、香港からきた知的な美人・ワイオの魅力もたっぷり味わえる。

1965年に書かれたものだが、悪い古臭さは感じない(コンピュータへの接続が常に電話だったり、プログラムを印刷するあたりは古臭いけど邪魔にはならない、むしろちょっと微笑ましくて楽しい)。

「興味を持っているのは、ビール、賭けごと、女、仕事」という月世界人たちをどう扇動し、何の武力も宇宙船すら持たず、はるか彼方の地球に対して独立戦争をしかけるのか?
コメント
この記事へのコメント
タイムトラベル物の「夏への扉」を読んだことあるよ。それは結構読みやすかった、新訳とかだったかも。確かに古臭さは感じなかったな。なんだか結局7時間的には合ってるのかよくわからなくなっちゃったけど。
2011/06/26(日) 21:47 | URL | くまぞう #-[ 編集]
「夏への扉」はまだ見てないなー外国作品は訳が重要だと思う
2011/07/01(金) 20:19 | URL | homamiya #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/149-4bfd3369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。