日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読むのが待ち遠しく、読み終わるのがもったいない、最も好きな小説「守り人シリーズ」の7作目。

1作目で11才だった皇太子チャグムは15才に。
賢く優しく、芯には燃えるような強さと気高さを秘め、教育係のシュガがかつて感じた『輝く玉のような清いもの』を持ったまま成長している。

大国タルシュの侵略が迫りつつある中、チャグムは父帝からは相変わらず疎まれ、大切な人々から離され、苦難に満ちた旅をし、ラストでは危険だが唯一希望へとつながる道を選んで、次作へ続く。
それは、澄んだ月光が暗い海につけた、蒼い道だった。

と、最後まで読んでタイトルがその道を表したものと気付く。よくできたタイトルだ。

主人公はチャグムだが、その他の登場人物全員が、彼らの信じるものに従って生きているのが感じられるのが面白い。

冷酷で憎むべき敵国タルシュのラウル王子も
「なぜ、他国に手をのばすのか、などという決まりきった問いを口にするなよ。いっても、詮ないことだ。おまえと、おれとでは、立場も物の考え方も違う。 父なる皇帝の右腕の太陽宰相や、そこにいるクールズならば、口当たりのいい理屈をこねてみせるだろうが、おれは、おまえに、そんな言葉はいわぬ」
とは、いっそ気持ちいい。

世界地図を初めて見たときの反応も好対照。チャグムは、
「世界は広いと思いました。・・・・・・すべての国を、見てみたい」
ラウルは逆。
「世界は狭すぎる。―これから、おれが手に入れられる国は、もうわずかしか残っていないと思った。あのとき胸に宿った焦りにも似た気持ちは、いまも、おれの中にある」

タルシュは、スケールの大きな国。数々の属国を持ち、道や水道などのインフラや建物はしっかりしていて豪勢、支配の仕組みもうまくまわっている。

著者はあとがきで、「同じ作者の2つの物語、コサックのシベリア侵攻をコサック側から見た物語と攻められたタタール側から見た物語を読んで衝撃を受けた」と書いている。
この物語が面白いのは、著者のこの考え方が生きているからなのだろう。

『そうか、歴史には絶対の視点などなく、関わった人の数だけ視点があり物語があるものなのだと、そのとき初めて思ったのです。
 私が心惹かれるのは、絶対の視点がない物語です。
 俯瞰すれば無数の命がうごめく世界が見え、ぐっと近寄れば、ひとりひとりの人間のリアルな心の動きが見える。そして、そのひとりひとりの背後には、彼らを生みだしてきた歴史が感じられる……そういう物語なのです。』


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/144-9aab6304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。