日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連作短編の名手、加納朋子。
本作も、6つの短編で構成されており、それぞれに主人公が違うのだが、全体で1つの話になっている。この構成がうまい。

17歳の女子高生・安藤麻衣子が、通り魔に殺された。

最初の短編は、麻衣子の友人・直子の父親が、雨の中、葬儀に参加するシーンから始まる。
娘の直子は麻衣子の死以降、様子がおかしくなってしまった。
まるで麻衣子の幽霊が乗り移ったかのような言動。
葬儀で出会った麻衣子や直子の通う高校の保健の養護教諭・神野先生に、それを打ち明けると、彼女は話を聞いただけで、その幽霊の真相を解き明かす。

次の短編では、主人公は、神野先生の同僚の英語教諭になり、というように、死んだ麻衣子を核にしながら、少しずつ視点がうつってゆく。
6話すすむうちに、とびきりキレイで成績も優秀、皆のアコガレの的だった麻衣子の内面が見えてくる。若くて賑々しく生を謳歌する女子高生達のガラスのような脆さが端々に書かれる。

不安定な女子高生達のカウンセラー的な存在で、どの短編でも謎解き役となる聡明な神野先生。

実は、この神野先生が、悲しい過去を抱えていることが、物語がすすむと、わかってくる。
その事件が、この短編の実は、核となる。

麻衣子の死の真相は、ちょっと無理矢理感があるが、連作短編としてはよくできている。
1つ1つの短編にも、謎解きがあり、よくまとまっているが、それが集まって全体で1つの話となり、1短編を読み終えると、全体もちょっと進んでいる。それが、最後にすべてつながる。
この進み具合が絶妙で、さすが、短編の名手。

若い命が無残に奪われたり、過去の悲しい事件とかやや暗い色調だが、最後にこれを挽回するような後味のよいラストがあり、全体的に女性らしい優しい雰囲気。
コメント
この記事へのコメント
この作家の雰囲気っぽくなかったけど、まあ良かった♪でも私も、殺された理由が無理矢理…というより、よくわからなかったぞ…。
2009/09/09(水) 22:24 | URL | くまぞう #-[ 編集]
短編1つ1つはよかったけど、殺された理由がぴんとこないよね
2009/09/10(木) 00:05 | URL | homamiya #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/118-c724b9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。