日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、この冒険譚は、理屈抜きで「楽しい!面白い!」と思ってしまう。

子供心に一度は夢見るような、無人島で子供達だけのサバイバル生活。
たとえば、島の地図をつくる。
洞穴を改造して住み心地をよくする。窓をあける。広間や台所をつくる。
野生の植物を採ったり、動物を狩ったりする食生活。
いかだで川を下る、ボートで湖を移動する。
川や岬や湾に、自分達で好きな名前をつける。

子供の頃にあこがれた生活が、ここにある。


実際に子供の頃の私が、イヤ今の私でも、こんな目に遭ったら、楽しむ余裕も無いだろうけれど。
まず、動物を自分で狩って皮を剥ぎ、その肉を料理することがムリだ。
電気もガスも無いところの生活なんて3日と、もつまい。

そういう現実的なところは考えずに、無責任に、自分もここに居たらなあ、と想像して楽しむのがよい。

ニュージーランドの寄宿学校に通う、イギリス人・フランス人・アメリカ人の少年達。
休み中に船旅をするステキな計画があったのだが、不慮の事故で、少年達だけが乗り込んだ状態で、船が嵐の中に流されてしまい、15人の少年と1匹の犬は、無人島に漂着する。

最年長でも14歳という子供だけの集団だが、船に残った食料や武器や道具を活用し、島で生き延びる工夫をあみだし、さまざまな困難に立ち向かう。
利発で年下の子たちに優しいブリアン。ブリアンに対抗意識を燃やし、トラブルの元となる、いばりたがりの秀才のドノバン。穏やかで思慮深い最年長のゴードン。料理が得意な黒人のボーイ、モーコー。食いしん坊のコスター。などなど、15人の少年のキャラクターの人物像もなかなか面白い。

男の子ばっかり、というのがまたよい。
ここに女の子が登場したり、恋愛が芽生えたりすると、また雰囲気が違ってしまうだろう。
男の子たちだけで、時にやんちゃに、ワガママに、けれど勇気と友情、勤勉、思慮、熱心を発揮して、困難を乗り越えるところが、いいんだよなー。

少年たちは無事に故郷に帰りつけるのか?
島に流れ着き、さまざまなトライ&エラーで島で生活する方法を確立していき、それも落ち着いてきた終盤に、小さな事件から大きな事件が発生し、クライマックスを迎えて、ラスト、という話の流れも、王道だけど、上手な展開。


同じようなストーリーで、ウィリアム・ゴールディングの「蝿の王 (新潮文庫)」がある。
こっちは全く趣が違って、だんだん少年たちが狂気におかされる、というか本能があらわになるというか、息詰まるような展開でイヤ~な感じ。
個人的には「十五少年~」のような読後がさわやかなのが好きなんだが、対比的に「蝿の王」を読み返したくなってきた。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/115-762a9774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。