日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40代サラリーマン課長たちのフクザツ?な男心をほのぼのと描いた作品。

いかんと思いつつ部下の女性に恋してでも手は出せなくて少年のように毎日夢想して一喜一憂身悶えてちゃうオジさんとか。
理不尽なサラリーマンの哀しみとか、有るような無いような出世欲とか。
スナフキンのように自由な同期へのさげすみとアコガレの混ざった感情とか。
専業主婦の妻へのうっかりした一言での夫婦喧嘩とか。
ぬるま湯のような総務部と、戦場のような営業部とか。
上司にもズケズケもの言う若い一般職の女の子とか。
有能でスキがない、でも実は可愛い一面もある英国帰りの女上司とか。

ドラマに出てくるようなステレオタイプがたくさん。
新鮮味には欠ける。
でもそういう定番を、チャーミングに描かれている所が、この本のすごい所かもしれない。

表紙が、いい雰囲気だ。
昭和レトロな画風の、峰岸達。
http://www.minegishijuku.com/
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

読まれたんですねー。
ステレオタイプだけど、だからこそ男からみたら魅力的に思えるのかもしれないなぁ、なんてこの感想を読んで思っちゃいました。
ホント、チャーミングなんですよね。
2009/02/25(水) 23:44 | URL | kbb #yl2HcnkM[ 編集]
はい読みました。
ガールとどっちにしようか迷ってとりあえずこっちに。
そうなんです何かどのオジさんも女の子も奥さんたちもチャーミングだなーと思いました。
現実に会社にいるオジさんたちも、内面はこんなにチャーミングなのでしょうかね。
2009/03/02(月) 01:30 | URL | homamiya #-[ 編集]
奥田氏のマドンナを読んだら、
次は「ガール」ですね。
逆の立場から描いて、これまた面白いですよ。
2009/03/06(金) 10:43 | URL | ふくろう #kZB9b/iA[ 編集]
>ふくろうさん
「ガール」は女子からの目線なのですね。
それも面白そうです。
今度買ってみます!
2009/03/07(土) 18:18 | URL | homamiya #-[ 編集]
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2009/04/08(水) 04:45 | URL | 藍色 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homamiya.blog46.fc2.com/tb.php/102-b8ad0bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「マドンナ」 奥田英朗 こんばんは。明石家さんまが以前言っていたんですけど、仕事がつまらないときはどうすればいいですか?の質問に、会社に一人あこがれの人を作ればどんなにつらくても会社が楽しくなると。仕事がどんなに辛くても、その人の前ではどうしても笑顔を
2009/02/25(水) 23:43:16 | あれやこれや
42歳の課長さん、17歳年下のキャリアガールに恋をする。 おたくの職場、どうよ?ユーモアとリアリティ。新オフィス小説。 短編集。中...
2009/04/08(水) 04:39:03 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。