日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供を叱らない育児を母親に教え、3歳までの教育で高いIQと優しい心の子供を育てる、という謳い文句の乳幼児教室「TOEベビーパーク」が推奨する家庭でできる育児法を紹介、という本だが、ほとんど宣伝のような内容で、この教室がいかに素晴らしいか、教室の創業者が立派な人物か、に紙面が費やされ、具体的な育児法については少ししか記載がないし、その方法の背景の理論については「紙面が足りないので改めて別著で」とあり書かれていない。
ベビーパークに通うとこんな素晴らしい子になる、という事例紹介はイヤに長い。
ベビーパークがどんな教室なのか、通う前に知りたい、という人にはよいかもしれない。

創業者を紹介するエピソードとして、ホームレスの1人に話しかけられ世間話をしたら、次々とホームレスが集まり、プチ宴会状態になったとあり、本人のコメント「相手が誰だろうと垣根なくまったく自然体でその空間のなかに溶け込めるところは、私の特質かもしれませんね」。
うーん、私はちょっとひくな、このコメント。

大学受験の二次試験で、理科教師を目指すからにはというこだわりで、得意な国語ではなく化学で受験したために、志望大学ではなく滑り止めの私立に行く事になった、というエピソードも、別になくてもいいような・・・。

この本で初めて知ったのだが、乳幼児のIQ診断は、
<子どもの発達度合いから割り出される月齢>÷<その子どもの月齢>×100
というIQ代替値を使うのだとか。

3歳の子どもの、知っている言葉の数、運動能力などが、6歳と同程度だった場合、
<6歳>÷<3歳>×100
で、IQは200となるらしい。

という事は、乳幼児の「IQが高い」というのは、「普通はもっと後でできるようになる事が、人より早くできた」という事なのか。
それは、大人になってからの頭のよしあしと関係あるんだろうか?

スポンサーサイト
この著者の名前は知っていたが有名な「沈黙の春」が環境汚染の問題を取り上げた作品であることしか知らなかった。そのために何となく堅苦しく重いイメージだったが、この本を読んで、自然をいきいきと美しく描写する人だと知った。
読むと暗い気持ちになりそうだ、と避けていたが、「沈黙の春」も読んでみたくなった。


幼い甥(正確には姪の息子らしいが)のロジャーと、別荘の周りの海辺や森を散策するエピソードから始まり、子どもたちに、自然の神秘さや不思議に目を見はる感性「センス・オブ・ワンダー」を持ち続けてほしいという願いが、短くも、詩情豊かで美しい文章で語られる。

雨の森の濡れた苔だとか、嵐の夜の荒れた海だとか、海を照らす銀色の満月だとか、銀の鈴のような虫の声だとか、そういう描写にうっとりする。

「センス・オブ・ワンダー」を持ち、地球の美しさと神秘を感じ取れる人は、大人になっても、人生に飽きて疲れたり、孤独にさいなまれることがない、と著者は言う。

あさきゆめみし」で紫の上が亡くなる直前に、この世は、生きとし生けるものは皆美しい、と気づき、自分がこの世とこの世に生きることを愛していることに気づくシーンを思い出す。

自然の美しさだけでなく、人の面白さや美しさも含め、この世界を美しいと思い、愛せる人は、この世界に生きているそれだけで、ある満足を感じられるのだと思う。
自分の子どもには、そういう人になってほしい。


見過ごしていた美しさに気づく方法として著者があげるのは、
「もしこれが、いままでに一度も見たことがなかったものだとしたら?もしこれを二度とふたたび見ることができないとしたら?」と問いかけること。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。