日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技術バカでお人よしなダンが、親友と恋人に裏切られ、人生のどん底を味わうところから物語が始まる。初めは何だかわかりづらいなあ、と思っているのが、後半はあっという間に物語がすすんで、痛快な終わり方!前半ぼんやりしていたものも、全てが伏線だったのかと感心する。
スピーディな展開には、そんなのありか?というご都合主義も含まれるが、それも含めて、物語として、とにかく面白い。ハインラインの最高傑作と言われるのも納得。1956年に書かれたものだが、古臭さを感じない。

タイムスリップものだが、物語の主軸は、ダンの復活劇にあり、SFが苦手な人でも読みやすそう。

主人公ダンは、1970年から冷凍睡眠で2000年にタイムスリップする。
実際の2000年とは全然ちがうが、この未来の世界の様子も、リアルに描かれていて興味深い。
ファスナーの閉め方は新しい繊維の出現で劇的に変わり、言葉の意味が微妙に変わっていたり、労働者のために政府が認める余剰生産品があったり(作られてすぐにスクラップにされる)、人口肉が蔓延し、風邪が撲滅されていたり。

タイトルの「夏への扉」と、主人公の飼う猫のピートが、いい感じに物語にスパイスをきかせている。

物語の冒頭。1970年の冬。ダンとピートの住むコネチカット州の古ぼけた農家には12個ものドアがあり、ピートは少なくともどれか1つのドアは夏に通じているという固い信念を持ち、ダンに順番にドアを開けさせては失望する。しかし、それをどんなに繰り返そうとも、夏への扉を探すのを、決して諦めようとはしなかった。

そして、ラストでも。
『(略)ピートは、どの猫でもそうなように、どうしても戸外へ出たがって仕方がない。彼はいつまでたっても、ドアというドアを試せば、必ずそのひとつは夏に通じるという確信を、棄てようとはしないのだ。』

夏への扉。ダンもそれを求めて、ドアというドアを試し、何度も失望しながら、あきらめず、ついにはそのドアを見つけることができた。夏への扉を見つけたダンの最後のモノローグも、なかなかよい。

『ぼくは、時間の<パラドックス>とか、<時代錯誤>をひきおこすことを、心配などはしない。もしも、三十世紀の技術者がタイムマシンの欠陥を克服して、時間ステーションを設け時間貿易をするようになれば、それは当然おこってくる。世界の造物主が、この世界をそんなふうに造ったのだから、仕方がないいのだ。造物主は、われわれに目を、二本の腕を、そして頭脳を与え給うた。その目と、手と、頭脳とでわれわれのやることに、<パラドックス>などあり得ないのだ。』

『この世の真理がどうであろうと、ぼくは現在をこよなく愛しているし、ぼくの夏への扉はもう見つかった。』

『誰がなんといおうと、世界は日に日に良くなりまさりつつあるのだ。人間精神が、その環境に順応して徐々に環境に働きかけ、両手で、器械で、かんで、科学と技術で、新しい、よりよい世界を築いてゆくのだ。』
スポンサーサイト
遠野のわらべうた伝承者阿倍ヤヱさんが語る、わらべうたと子育ての知恵。
子供に語るちょっとした言葉は実際に使えて便利、また、全体にただようあたたかい雰囲気が癒される1冊。

方言いっぱいのわらべうたは、覚えるのも難しそうで使える気がしないが、
・でんでん太鼓の真似片手を顔の横でくるくる回す「てんこてんこ」
・首がすわった赤ちゃんに首ふりながら「かんぶかんぶ」
などは簡単で可愛らしく、やってみたら赤ちゃんも喜んだし、赤ちゃんと接して手持無沙汰になったら、すぐに「てんこてんこ」「かんぶかんぶ」と手軽にできるのが、ありがたい。
1歳までは、こうやってみせた動作を真似する、とあったが、うちの子(4か月)はまだ真似はしてくれない。

他にもおむつかえの時の声かけで、お尻を乾かしながら足伸ばして膝なでて「よっこよっこよっこ」とか「のびのびのび」と声かけるとか、終わったら「こちょこちょこちょ」と脇をくすぐると笑って喜ぶとか。
ちょっとした声かけの方法を覚えると、会話できない赤ちゃんとのコミュニケーションの助けになる。

いいな、と思ったのは。

『生まれてまもなく目が見え始めると、赤ちゃんは人を探すようになります。
そのとき、正面から顔を見て、声をかけてやる。
そこから、赤ちゃんとの会話が始まります。
まだ言葉は話せないけれど、赤ちゃんだって、会話がしたいのです。』

『赤ちゃんが声を出して人を求めているときは、何をさておいてもそばへ行って、あそんでやってほしい。一日のうに五分か十分そうやってあそんだら、赤ちゃんは満足して、また次の日を待っているんです。』

遠野のことわざ
『童(わらし)ぁ 生まれるずど、その家さ、馬鹿ぁ三人出る』
大の大人が赤ちゃんを相手に、なりふりかまわずうたって遊ぶ様子をあらわしているとか。
微笑ましい。

子守唄について。
抱っこして揺すって寝かせると抱き癖がつくからダメというのは、最近は「抱き癖は気にせず抱っこしてあげて」と言われてるようなので、ちょっと古い考えかもしれない。
遠野に伝わるという下記の子守唄は、唄うのは難しそうだけど、その気持ちが参考になる。
子供がなかなか寝なくてイライラしそうな時に、「そうだ寝なくても宝だからいいじゃないか」と思い出せて助かる。

よいだらさのやぇ(いいじゃないか)
やんさ やめでもよぉ(どんなに忙しくても なにをさておいても)
泣く子ば だましゃやぇ(泣く子はあやしてやれよ)
万の宝よりもなぁ(万の宝よりも)
子は宝だよなぁ(子は宝だよな)


子守唄はについてはどんな唄でも、ゆったり心が落ち着くならよい、とあった。
子守唄はもともと、子守りの気持ちを落ち着かせるもの、自分が落ち着いてうたえばよいと教えてくれた。
小児科の女医さんが、育児をするお母さんに、完璧な母親を目指して疲れるより、赤ちゃんと楽しく遊んでほしい、という想いから、『医学的にも根拠がある大事なことだけ抑えて、あとはもっと楽しく育児をしましょう』という目的で、書いた本。
育児に関する「よくある質問」に対して、迷信や都市伝説や根拠不明のあやしげな情報に母親が振り回されないよう、医学論文などの原典付で、わかりやすい回答を載せている。

いまはインターネットで気軽に情報検索できるが、著者が言うように『裏づけのない極端な情報へのアクセスは簡単で、反対に医学的に根拠のある正確な情報は手に入りにくいという困った現状』でもある。

これを読んで勉強しないと育児で大変困る、というほどの重要な情報がのっているわけではないが、間違った情報で悩んだり、わざわざ苦労したりしないよう、育児をする人は一読すると、ちょっと楽になるかもしれない。

たとえば授乳中の嗜好品について。
ネット上ではあれこれ言われているが、この本では。
珈琲は1日10杯以上飲むと赤ちゃんに中枢神経刺激症状が見られたという報告がある一方、5杯までは影響がなかったという研究結果があるのでその程度なら問題ない、とか。
動物性脂肪の摂取が原因で乳腺炎になるという医学的証明はまだされていない、乳腺炎の原因として医学的に明らかになっているのは、授乳回数や抱き方・吸い方が不適切で赤ちゃんがうまく飲めなかったり、服などの圧迫で母乳が溜まる事のみであるので、ケーキやお菓子を食べていけないことはない、とか。

わざわざ原典を見たりはしないが、ちゃんと専門家が行った研究の結果である、と思って読めるので、根拠の無い他の説を見聞きしても、気持ちが揺らがないのが良い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。