日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大西洋でマグロの新漁場開拓を行い、半年間かけて欧州をまわって帰る水産庁の漁業調査船に船医として乗り込んだ著者の、船旅紀行文。航海は1958年、1965年発売の古い本だが、著者の好奇心と、ユーモアと鋭さあふれる文章は、実に刺激的で、古臭さを感じさせない面白さ。
海の景色の描写も美しく、船旅に出てみたくなる。

どこまで嘘だか本当だかわからないヨタ話が真面目に書いてあるのも、時々鋭い考察が入るのも、お茶目な著者がやるいたずらも、1つ1つのエピソードは、それほど大げさなものでもないのに、くすっと笑ったり、微笑ましいと思ったり、むうと唸ったり、すごく楽しんで読める。

船酔いについての考察。
『酒に強い人は船にも強いという説は、むろん例外もあるが一理はある。船酔いになる前にアルコールに酔ってしまえば大丈夫というのは本当のことだ。しかし大抵の人はすでに酒の匂いを嗅ぐのも厭になっているだろう。そこを無理して飲む。ホロ酔いになるころには船酔いはどこかへ行ってしまうだろう。間違ってたとえ吐いたとしても、少なくともどっちでやられたのかはわからないのである。』

シンガポールでは、娼婦街についてちょっと述べては『こんなことは私としてはくわしく書くわけにはいかぬ』。ホールの若い娘とドライブに出かけ、レストランで食事のシーンの後は突然、『だが私としてはこれ以上くわしく書くわけにはいかぬ。』で終わってしまう。

医者について自戒もこめた考察。
『死んだ方がマシな人間がいくらいたとて、死そのものはやはり虔(つつま)しい根源的なあるものであり、その前では怖れおののくのが本当である。
医学教育はまずフォルマリン漬けの死体を切りきざむことから始まり、そんなものは平気にならねばならないのだが、こうして医者は次第に愚かになり、生命と共に死をも尊ぶべきことを忘れてしまう。』

アントワープでは、寺院の前の広場で人々の行きかうのを眺めている。ただそれだけの事に退屈しないで、それをこんな文章にできる著者のみずみずしさ。
『ノートル・ダムの前の広場にくると、大勢の爺さん婆さん、子守車を前にした父親などがベンチに腰かけている。あたりを小さな子供が風船をもって走りまわっている。ほんの小さな子を転ばぬように紐でゆわえて歩かせている母親もいる。花売りの婆さんにはこの世のものならず太り、かつ着ぶくれているのもいて、そういう善良そうな、あるいはやや意地わるげな皺だらけの顔は、いくら見ていても見飽きることがない。』


花の都・パリについて、書くことはたくさんあるだろうに、
『パリのことは、それを見たことがない人ほどよく知っているようなので省略しておこう。』
とあっさり省略する潔さ。

フランスで友人と再会したくだりも好きだ。
『私は大体が文学の話は御免な方であるが、この幾何かの時間ほど楽しかったことは久しくなかった。持つべきものは友であり、また友というものは少ないほどよい。沢山友なるものを持っている人はどんどん絶交すべきである。』




船員の留守中に部屋に入り、ベッドに催涙ガス弾を撃ち込み、船員が寝に戻って悶絶するだろうとほくそ笑んでいたら、想定外に、船室の換気装置のせいでガスが船じゅうにまわってしまう。
目が痛い、食中毒ではないか?と若い船員が訴えてくるが、

『一方、やはりどこにも鈍感な男はいて、
「バカだなあ。お前、そりゃノイローゼだよ」
「そうだ、ノイローゼだ。大丈夫、大丈夫」と私は言った。』

漫画のようによくできた、珠玉のシーンだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。