日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酒見賢一の描く、史実と不思議が混在した世界を味わえる。

漢の時代の歴史家、司馬遷は、殷という国が滅び、かわって周が天下を治めるあたりから、神話伝記ではなく、科学的に検証しうる歴史が始まったと考えていたようだ。
たしかに、これより前の歴史は、神話のような逸話が多い。

周王朝建国の功労者の1人、周公旦。
中国史上屈指の聖人と言われ、名政治家であり、孔子が尊敬してやまなかった人物。
彼の最大の業績は、「礼」の整理再編にあるという。

「礼」というと、礼儀作法やマナーを連想するが、この本によると・・
『礼は、古代中国の宗教から社会規範、及び社会システムにまで及ぶ巨大な取り決めの体系』
である。戦いも、王の病気を治すのも、外交も、礼によるところが大きい。

たとえば、周が殷の国と戦う前に発する、宣戦布告の声明文「太誓」では。
殷の罪悪をつらね、対決する理由を明らかにし、主殺しという後ろ暗さを取り除く心理的魔術的効果を生み出す。
言語の異なる部族にも、力のある言の組み合わせが呪となり、各部族の繊維を高め、まとめてゆく。
祈祷の文は人を易えて、動かす力がある。

登場人物や出来事は史実とおり。
周公旦が呪術や占いに詳しく、字を書いて呪をしたり、礼の力で地霊と交信したりするファンタジーなエピソードが「そんなこともあったのかもね」と思えるような自然さで織り込まれる。

長年天下を治めていた悪名高い殷を倒し、周がそれに変わる殷周革命という大舞台。
殷を倒すべく天命を受けた偉大なカリスマ、文王。
志半ばに倒れた文王の遺志をついで殷を倒す、息子の武王。
それを懸命に補佐する武王の弟、周公旦。殷周革命あと国が整わぬうちに武王が亡くなり、治国に苦心する。
希代の戦略家、太公望。
早死にした武王のあとをつぐ、若き成王。

これらの人物が入り乱れるドラマとしても面白い。

特に、人間を知りぬき、80歳をこえて未だ謀略すさまじい太公望が、いい味を出している。
文王と武王に献身をつくした彼は、決して、だからと言って、周の建国に永遠に協力してくれるワケではなかった。
周の力が弱まり、天下が乱れようとすれば、そのときは自分が立つしかない事と確信しており、武王が夭逝した後、乱れかけた周の国をめぐって、周公旦と水面下で激しい争いをする。

(こたびは叔旦[※周公旦のコト]が上であった)
と負けを認めるものの、
(まあいい。わしが望んでいたことは結局は安定した天下なのだ。わしの代わりに叔旦がやってくれるというのなら、それはそれでいい。やってみよ、叔旦。二度とわしに謀反気を起こさせるようなことはするなよ)
という台詞がかっこいい!
優等生っぽい周公旦が、偉大な王になるはずだった兄・武王が亡くなり、自分では天下を治める器量はないと知りつつ、まだ幼い次の王に代わり、諸侯たちを押さえ、太公望の魔手も必死でかわすあたり、見所の1つだった。
スポンサーサイト
戦国時代の中国で活躍した、築城の名人として名高い、墨子。
彼が作った教団は、「兼愛」「非戦」「弱気を助け強気をくじく」という思想にもとづき、日々、城を守る技術と知識を磨き、大国に襲われる小規模な城を守る弱者を助けるべく教団メンバーを傭兵として派遣する。

墨子の跡を継ぎ、3代目の田嬰の元で働く革離は、ある日、大国・趙の攻撃を受ける小さな城へ、救援へ向かう。
本来はチームで派遣され、それぞれの専門分野で坊城を担当するのだが、革離はこの時、当初の思想から離れつつある教団に反発し、田嬰の命令に反する形で、たった1人で城へ乗り込むことになった。


あらゆる手をうち、女好きでやる気のない城主と、非戦闘員の村人達を抱えて、革離が坊城に奮闘する様が、無駄の無い文章で描かれる。

ストーリーとしては割と味気なく、さらりと読み終わってしまうが、革離が見せる、守り方の1つ1つの磨かれた技術・知識や、ほとんど寝ないで無償で働く特異な勤労意欲に見える墨子教団の思想は「へぇ~!!」「はぁ~!!」と面白く読める。

漫画にも映画にもなっている。激しい攻防戦を映像で見るのもまた面白いかも。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。