日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主人公・鈴木は、人数合わせで連れて行かれた合コンで出会ったマユに一目惚れ。
何回かグループデートを重ね、ちょっとずつ仲良くなり、とうとうつきあう事に!
初めてできた彼女に、幸せいっぱいな気持ち、初々しくて微笑ましい数々の光景。という前半。

就職で静岡を離れ、東京に出てきた鈴木とマユは遠距離恋愛を続けるが、鈴木には東京での新しい世界が広がり・・・。

と書くと、ただのよくある恋愛を書いた何の特徴も無い話に見えるが、読んでいてところどころに小さな引っ掛かりを感じる。
というのも、そもそも本の裏表紙に「最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する」と書かれているので、読み手は引っ掛かりを探しながら読んでしまうのである。

それが最後に「あー!ナルホドね!」というそれまでの話がクルリと引っくり返るオチがあって痛快だ。思わず、2度読んで、それまでの引っ掛かりをいちいち確かめてしまう。
というイミでは、この本の帯にあった「必ず2回よみたくなる」というのは当たっている。

しかし、このテの技は、繰返し読み返すのには向いていない。
ストーリー自体は抜群に面白いワケではないので1度読んで、検証用に1度読み返したらもう再読はしないだろう。
バブル時代の物語で、出てくる話題や小物がなつかしく、1回目を楽しんで読むことは十分できる。

こういう技が好きな人は、「葉桜の季節に君を想うということ (歌野 晶午)」や「ハサミ男 (殊能 将之)」、「アヒルと鴨のコインロッカー (伊坂 幸太郎)」もオススメ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。