日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
著者は、劇団を主宰し、劇作家・演出家が本業らしい。
その影響か、3つの短編、いずれも登場人物が強烈に、濃ゆい。
劇団のサイトで紹介されてるプロフィールにも
『自意識に絡め取られた妄想過多な人間を主人公に、独特の劇世界を展開する』
とある。

小説は、熟して香味があるような感じではなく、若々しくて荒くて、でもユニークな感性が出ていて、面白さや読み応えは十分ある。
ただ、その、登場人物の濃ゆさや、主人公や関わる人々が持つ心の問題や、切実な悩みが、強烈なエピソードの中で描かれ、ものすごくポップな文体で書かれるのだけど、それがどうも痛々しく、居心地が悪く、読後は決して心地よいとは言えない後味が残る。
心地よさを求めて読書する人はやめておいた方がよいかもしれない。
私は、読んで心地よいものが好きだけれど、こういう本も時には面白いと思う。


■「江利子と絶対」
引きこもりの妹が、突然「私、前向きになる!」と宣言。が、どうもそれがズレている。
前向きな引きこもりになる、というのだ。
その一環で、拾った犬に、絶対に自分の味方、という意味の「絶対」という名前を付け、自分以外の人間は敵であると思い込ませるために、おそろしい熱意で犬を教育する。
この妹の痛々しさと内面の心の叫びの激しさが、マンガのように極悪な笑いがあり(稲中卓球部の作者が描くマンガを彷彿させる)、ささくれのように心に残る。

■「生垣の女」
笑いものになるほどミジメな外見に、ネガティブな性格で、就職・恋愛・対人関係の全てをあきらめて生きる中年男、多田。
その日常生活に、多田の隣の家の男にフラレて「完全にイッちゃってる」女、アキ子が突然、土足で割り込んでくる。髪を振り乱し、路上で男の名を叫び、無関係の通行人にからむ・・という、ものすごい執念、最悪な女性像。
この2人の物語は激しく醜く、怒涛の勢いですすみ、ラストに行き着くところまで行き着いた感じで、醜悪で切なくてやるせない、これまたトゲのように残る終わり方。

■「暗狩」
前2編と、うってかわってホラー調。とてもコワい。

近所で素行の悪さが評判のいじめっ子とその手下にされている主人公と、友達。
野球のボールが飛び込んだ家に忍び入ってボールを探すが、そこで彼らは、見てしまう、そして・・・。

最初はだらだらと男の子社会のいじめが書かれて退屈するが、家に入ってからは、雰囲気が一転。一気に最後まで読んでしまう。追い詰められ方が息詰まる。

そんなホラーの中でも、著者は人を書く。
主人公の少年は、思っている事を口に出せず、他人に何かを伝える事はムリだとあきらめてしまう子だが、追い詰められ、生死の境の極限状態で、「生きたい」という本当の気持ちを声に出し、他人とも深い部分でわかりあえる一瞬を手にするシーンが印象的。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。