日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスといえば、昨今は、男性が女性に高額なプレゼントをしたりディナーをご馳走する日になっているが、正統派クリスマスの祝い方を教えてくれるのが、この本。

作者のディケンズは、ヴィクトリア女王時代のイギリスの文豪。
当時、イギリスは、産業革命で国が発達して、同時に貧富の差も激しかったころである。

主人公のスクルージは、金持ちだがケチで冷酷で誰も愛さない冷たい老人だった。
ある日、仕事の同僚だった老人の亡霊があらわれ、そのままの生き方では悲惨な末路を迎えることを教え、老人の予言とおり、その翌日から3人の幽霊が次々とスクルージの前にあらわれ、その出会いにより、スクルージは心を入れ替え、「クリスマスの祝い方を最も知っている人」と呼ばれるようになる。というおとぎ話のようなストーリー。
スクルージが改心するくだりとか、あまりあっさり改心して、いまいち納得感がないあたりがおとぎ話っぽいが、短くてささっと読めて心があたたまるクリスマスに読むのにぴったりな1冊。

ディケンズの書く「クリスマスの祝い方」とは、キリスト教的な博愛精神で、お互いがお互いを助け、社会をよりよいものとすること。

作中のスクルージの甥の言葉を借りると

「とにかくクリスマスはめでたいと思うんですよ。親切な気持になって人を赦してやり、情ぶかくなる楽しい時節ですよ。男も女もみんな隔てなく心を打明け合って、自分らより目下の者たちを見てもお互いみんなが同じ墓場への旅の道づれだと思って、行先のちがう赤の他人だとは思わないなんて時は、一年の長い暦をめくって行く間にまったくクリスマスの時だけだと思いますよ。(略)クリスマスで金貨や銀貨の一枚だって儲けたわけじゃありませんが、やっぱり僕のためにはクリスマスは功徳があったと思いますし、これから後も功徳はあると思いますね。そこで僕は神様のおめぐみがクリスマスの上に絶えないようにと言いますよ!」

この祝い方、とても素敵だなあ、と思う。

スクルージが幽霊と共に目にする、貧しいけれど愛にあふれた家庭のクリスマスのにぎやかな過ごし方がとても微笑ましい。鵞鳥とかプディングとか、暖炉の火とか、ヴィクトリア時代のクリスマスの雰囲気が感じられて楽しい。
読むと、クリスマスを楽しく祝いたくなってくる。

と、言いつつ、今日は職場の女子たちで飲んだくれて「さびしい飲み会だね」などと言われてたりするのだが・・・。

昔の外国モノなので、翻訳のうまさで読みやすさがかなり変わると思う。
私が読んだ新潮文庫のは、あまり読みやすい文体ではなかった。昔の外国モノ、という感じはすごくあってその雰囲気は楽しめたけれど。

他にも違う訳者で何冊か出ているようだ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。