FC2ブログ

日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
三十代以上、独身、子ナシの女性を「負け犬」と名づけた爆笑エッセイ、「負け犬の遠吠え」。
すごく面白かったので、同じ著者の別なエッセイを買ってみた。

どんなに仕事ができようが美人だろうが、世間から見たら「負け犬」でしかない、とバッサリ。
そんな自分と負け犬友達の生態を楽しく描き出すエッセイ。

するごい観察眼、さっぱりとユーモラスな文体。
すごく読みやすいし、わかるわかる♪アハハ、とはなるのだが、「負け犬の遠吠え」の時ほどのインパクトはない。同じようなネタだし、ややダラダラしている印象。
「負け犬の遠吠え」の方がはるかにオススメ。

 
スポンサーサイト