日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラ:◎ ストーリー:○

一夢庵風流記が面白かったので、ついでにもう1冊、同じ作者のを。

「一夢庵風流記」よりも、私はこちらの方が好きだ。長いけど読み応えもある。

徳川家康が実は関ヶ原の戦で死亡、その死は一部の徳川家臣や秀忠以外にはひたかくしに隠され、以降、影武者が代わりに家康役をつとめる。
まだ地盤の安定しない秀忠にとって、圧倒的な力で武将たちを抑えてきた家康の死はとうてい世間に公表できるものではなく、影武者の存在は、自分が将軍となり、家康という強力な後ろ盾が不要となるまではぜったいに必要。しかし一方、影武者ごときに大きな顔をされるのも腹立たしく、影武者 VS 秀忠 の争いが主筋となる。

最初は味方のない影武者が、徐々に仲間を増やし、その陣営のオトコたちの友情、勇気、度胸があざやかに描かれる。
敵対する秀忠とその部下の小賢しさや陰険な小悪党ぶりが見事で、それを次々とうちやぶり、かわしていくのが痛快。

忍びの一族やら、島左近やら、風魔小次郎やら、有名どころもたくさん出てきて、それぞれにかっこいい。
隆慶一郎の描くオトコとは、
「合戦は生きものだ。そこが面白い。」
関ヶ原の激戦の中、負けるとわかった状態で、こういい放つようなオトコである。

しかし、歴史小説は最後が必ず決まっていて、途中で、「こんなにがんばっても、豊臣家は滅びるし、家康は死ぬし、秀忠は将軍になってしまうんだよなあ・・・」と結末が読めてしまうのが歯がゆい。
これだけ強い影武者側が、どうして最後に負けることになるのか?歴史に忠実に書けば、負けなければならないのだが、そこに見事な回答を入れてほしかったが、イマイチこじつけっぽいのが惜しい。


スポンサーサイト
キャラ:◎

ジャンプで連載していた「花の慶次」の原作。いつか読んでみたいと思っていたのを古本屋で購入。あの漫画は、かなり小説に忠実に描かれていたようだ。
セリフの一言一句そのままのものが多いし、雰囲気もよく似ている。
そのため、新たな本を読んでいるドキドキ感はなかったが、海音寺潮五郎の書いた前田慶次郎モノよりも、こちらの方が華やかで楽しい。

この本の魅力はとにかく主人公の魅力に尽きる。
何よりも自由を愛し、茶や文学など風流な一面を持つ反面、戦場では鬼神のような働き、女や酒が大好きで、しかしそれはあくまで無邪気で可愛らしく。義にあつく、権力に媚びず、常に笑いを忘れず、おのれの価値観をつらぬきとおし、死を恐れず、友を大事にし、気の荒い馬とも心が通じ、男にもよく惚れたり惚れられたり。

「漢とかいて、おとこと読むぜ!!!」風な、人物描写が圧倒的にかっこよくて面白い。

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。