日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お正月、マスターキートン全18巻を読み終わってまだ時間があったので実家の近くの本屋で追加購入。大好きな須賀敦子のエッセイ。この人の文章は、静かな語り口だけど、情景や温度が香るようで、とても心地よい。
なじみのないイタリアの地名や、人名も、いつもはすんなり頭に入らなくて不愉快なのに、この人の本だとそれがなく、流れるように読んでしまう。
家にも何冊かあったはず、また読みたくなってきた。

「七年目のチーズ」短いエッセイなのに、起承転結がはっきりしている。とっておきのチーズがテーブルに運ばれる冒頭のシーン、その家を訪れるまでのいきさつ、「薄くのばした手製のパスタと仔牛のひき肉入りのトマト・ソース、それにホワイト・ソースを、かわるがわる重ね、ケーキのように天火で焼いたラザーニャ」などの絶品料理でのもてなし、その挙句に登場するとっておきのチーズ。そのチーズが実は、という話から、この食卓の思い出によって「この国から離れられなくなったのかもしれない」と結ぶ最後。うーん美しい。

「なんともちぐはぐな贈り物」という文言はタイトル以外に出てこず、タイトルで結末の贈り物のちぐはぐさを表しているのが面白い。

「霧のむこうに住みたい」なんてことない話だが、山の中の霧の景色の描写が美しかった。
『足もとは赤みがかった茶色の土で、いま登ってきたばかりのくねくね坂は霧のなかに沈んでいる。吹きつけるつめたい風に首をすくめながら、一行はさそわれるまま、峠の石造りの小屋をめざして一〇〇メートルほどの坂を駆け登った。』
『こまかい雨が吹きつける峠をあとにして、私たちはもういちど、バスにむかって山を駆け降りた。ふりかえると、霧の流れるむこうに石造りの小屋がぽつんと残されている。』

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。