日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家屋や宿、旅、トイレなど様々なものへの好き嫌いを語る随筆。深い美意識、見事な文章力によって、美しくもユーモラスで、絶品!

表題作の「陰翳礼讃」では、"日本の漆器や絵画、米びつのご飯や女性の肌も、闇と蝋燭などの仄かな灯りの下でこそ美しい"と主張し、広まりつつある電燈の明るい光を嘆く中で、闇について幾通りもの美しい表現が出て来る。

『だがその羊羹の色あいも、あれを塗り物の菓子箱に入れて、肌の色が辛うじて見分けられる暗がりへ沈めると、ひとしお瞑想的になる。人はあの冷たく滑らかなものを口中にふくむ時、あたかも室内の暗黒が一箇の甘い塊になって舌の先で融けるのを感じ、ほんとうはそう旨くない羊羹でも、味に異様な深みが添わるように思う。』

『もし日本座敷を一つの墨絵に喩えるなら、障子は墨色の最も淡い部分であり、床の間は最も濃い部分である。私は、数寄を凝らした日本座敷の床の間を見る毎に、いかに日本人が陰翳の秘密を理解し、光りと蔭との使い分けに巧妙であるかに感嘆する。(中略)要するにただ清楚な木材と清楚な壁とを以て一つの凹んだ空間を仕切り、そこへ引き入れられた光線が凹みの此処彼処へ朦朧たる隈(くま)を生むようにする。にも拘わらず、われらは落懸(おとしがけ)のうしろや、花活の周囲や、違い棚の下などを塡(うず)めている闇を眺めて、それが何でもない蔭であることを知りながらも、そこの空気だけがシーンと沈み切っているような、永劫不変の閑寂がその暗がりを領しているような感銘を受ける。』


かと思えば、「客ぎらい」では、眠りかけの猫が人間に呼ばれて鳴くでも無視でもなく尻尾をブルン!と振るのを見て客ぎらいの自分にも尻尾が欲しいというなんとも可愛らしい場面もある。
スポンサーサイト
盲目の法師が、かつて仕えたお市の方について後年語っている、という形式で物語が進む。

信長の妹で美人と名高いお市の方は、嫁いだ浅井長政を信長に攻め滅ぼされ、再婚した柴田勝家を秀吉に攻められ、ここで夫と運命を共にする。
法師の語りは、盲目ゆえに限られた情報、又は伝聞でのみ知った情景で、淡々としているが、お市の方の美しさへの、やや粘着質な憧れ・思慕、傍にいられる事への満足・幸福感がその中に見え隠れして、変な熱さがある。

『わたくしにはただ、おくがたのお手のうちで鳴るじゅずのおとがきこえ、たえなる香のかおりがにおってまいったばかりでござります。』

語り口が美しくてじっくり味わいたい。
が、同じ人物を「伊賀守どの」と書いたり「いがのかみどの」と書いたり、統一されていなくて実に読みにくい。

落城前夜の宴で、敵に通じた味方が三味線に入れた合いの手を暗号にして、法師にだけわかるメッセージを伝えて来るシーンが、それまでと雰囲気が変わって突然サスペンスなタッチなのがちょっと面白い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。