日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
著者が亡き妻の思い出を綴ったエッセイ。

ぱらりとめくってまず、カバー見返しの写真で初めて城山三郎を見て、実にかっこいいと思った。晩年の写真だろうが、男前。

この原稿は、未完で欠落あり、順不同だったものを、新潮社の編集者が一編にまとめたらしいが、バラバラで切れ切れな感じが、またいい味を出している。

最愛の妻の死に近づく終盤は、予想通り涙が止まらない。東北本線のグリーン車で、窓の方を向いて世界に没頭しながら読んだ。

冒頭。著者の講演会にこっそり参加し、著者が気付いた瞬間「シェー!」のポーズをとる妻。

『笑いたいし、怒りたい。「参った、参った」と口走りたい。そこをこらえて話し出し、何とか無事、講演を終えることができた。』

妻は後で控え室に謝りに来るが、『顔にも体にも笑いを残している』

このエピソードで、妻・容子さんのチャーミングさにやられる。その後も読めば読むほどに可愛いらしい。
シンプルな描写にこめられた愛情に胸がいっぱいになる。
わずか130ページの薄い本に、切れ切れのエピソードが、こんなに輝いている。著者の心からの愛情、感謝がぎゅっとつまっている。

学生時代にさかのぼった2人の出会いのシーンも小説か!?と思わせるほどドラマチックで胸が熱くなる。
休館日でもないのに何故か閉まっている図書館の前での出会い。
オレンジ色がかった明るい赤のワンピースを来た若き日の妻。著者の印象は『間違って、天から妖精が落ちて来た感じ。』この後の2人のやりとりも、すごくいい。

二夏もの間、家を空けて執筆に専念したが作品は没となり収穫なしの時も、
『容子は、何ひとつ文句も質問も、口にしなかった。
 それも深い考えや気づかいがあってのことというより、「とにかく食べて行けて、夫も満足しているから、それでいい」といった受け止め方であり、おかげで私は、これ以降も、アクセルを踏みこみながら、ゴーイング・マイ・ウェイを続けて行く事ができる、と思った。』

筆で身を立てようとする夫を、ごく自然に支えられる妻の姿をシンプルに表した一文で、すてきだ。

妻の茶目っ気を静かに苦笑して受け止める大人なイメージの著者だが、こちらにも少年のようなチャーミングさが感じられる。

水上機に乗ってみたいと言ったところ、妻はたいそう心配性でそんな小さな飛行機に乗るのは1度きりと約束させられ、カナダ取材中にその1度を使い果たすが、妻亡き後に、妻が亡くなった事に対しては眠れないほど落ち込んでいたくせに、
『約束は、約束した相手が亡くなれば、まあ無効。』
と、ハワイでもう一度水上機に乗り、念願の操縦を果たしてしまう。

夫婦でオーロラを見に、はるばるアラスカまで行くが、夏の白夜の季節で、オーロラが出ていても見えない。時間も費用も大きな無駄だが、妻は文句も愚痴もなく「あら、そうだったの。残念ね。」とあっさりしたもの。が、その数年後、ヨーロッパに向かう夜行便で、窓の下にオーロラを眺めることができ、2人は手を握り合い、夫婦で旅してよかった、と胸を熱くする。

この、穏やかで優しくも鋭いまなざしの著者が、他にどんな小説を書いたのか気になるので、いつか読んでみたい。
スポンサーサイト

雑誌「つり丸」に連載された、椎名誠とその仲間たちの釣り紀行。

仲間と体力抜群の若い奴隷たちを引き連れ日本各地に出かけ、雑魚を釣って、キャンプして、夜は騒いで焚き火をしながら踊ったり叫んだり、とりとめなくバカ話をしたり、中毒死しそうになったり。

「真剣に遊ぶいい歳した大人たち」は見てて気持ちいい。
スパンスパンと進む文章が楽しく、この1冊は立派な娯楽だった。

千葉で釣りをしている最中に2人の少年に出あったシーンでの椎名誠の感想が印象にのこった。

少年たちはマナイタとナイフで小魚をさばいて刺身にして弁当のおかずにしている。
それを見た椎名誠は、

『マージャンに負けてあらゆる敗北感にひたっていたおれはその光景を見て日本の未来に一縷の光を感じた。我ながらどうもいうことが大袈裟だが、しかしこうして自活の技術を持っている子供がまだいたのだ。
おれは仕事がらみで世界のいろんな国へ行くが、多くの国で感心するのが子供たちのサバイバル能力の高さだった。(中略)手製の銛をもって十メートルぐらい潜っていって五十センチぐらいのナマズを突いてくる少年などを必ず見かけ、日本のひ弱なガキどもとの差に嘆いていたのだった。
しかし千葉にはまだこういう子供がいるのだ。』

少年たちは、母親からは海に行ってはいけないと言われており、バレると怒られる、という。

『日本にサバイバル少年がなかなか育たないのはこういうひ弱な親がからんでいるからなのかもしれない。』
文:◎ キャラ:◎ ストーリー:○

「ローマ人の物語」シリーズ中で最も面白いのは、「ハンニバル戦記」「ユリウス・カエサル(ルビコン以前)(ルビコン以後)」だと思う。そのうち、「ルビコン以後」は、「ユリウス・カエサル」の人生後半部分を描いたもの。

●元老院から「国家の敵」と通告されたのに反旗をひるがえし、国法で禁止されている「軍団を連れたままルビコン川を渡りローマ国内に入る」を実行したカエサル。敵対勢力・ポンペイウス率いる元老院派と内戦の末に勝利をかちとり、ローマに凱旋。ローマに平和が戻り、カエサルは独裁者として、長年の目標であった、衰えかけたローマの統治力を強化する改革を次々にすすめる。

この改革の内容を読んでいくと、カエサルは、何と創造的な人であったのか、と驚く。
宗教、政治、食料、安全、生活の向上・・・あらゆる分野で、今後のローマが発展すべく、礎をきずいていゆく。戦えば勝つ、政治改革はやる、1人の人物が、軍事、政治の両面でここまで才能を発揮できるものなのか。
「歴史はときに、突如一人の人物の中に自らを凝縮し、世界はその後、この人の指し示した方向に向かうといったことを好むものである。・・・(略)・・・これら偉人たちの存在は、世界史の謎である」という本書で紹介されているブルクハルトの言葉にまさにふさわしい。

改革の最中に、カエサルは暗殺されてしまうのだが、暗殺したのは、かつて内戦でカエサルと戦い、敗れたが許されてその後もローマで政治にたずさわっていた者たち。
カエサルは、内戦の敗者を決して罰しなかった。それは、カエサルが手紙にも書いたこんな思想から。

「わたしが自由にした人々が再びわたしに剣を向けることになるとしても、そのようなことには心をわずらわせたくない。何ものにもましてわたしが自分自身に課しているのは、自らの考えに忠実に生きることである。だから、他の人々も、そうあって当然と思っている」

いやーこんな事を言い、実行できる男には、塩野七生だって惚れてしまう。
他人の考えを尊重する、とは言うは易しく、行うは難い事だ。それが自分の目標の邪魔になったり、ましてや命の危険になっても、であれば、なおさら。

塩野七生のカエサルへの愛情は相変わらずで、思わず惚れてしまいそうになる魅力的なエピソードもたくさん。

8年間ものガリア戦役を共に戦った、子飼い中の子飼いである第十軍団の兵士達が、内戦のさなかに、「給料あげてくれなきゃもう一緒に戦わないぜー」とストライキを起こした時。
カエサルはこれを一言でしずめる。これまで「戦友諸君」と呼んでいた彼らに対して、
「市民諸君」
と呼びかける。
「他の兵士達と戦いに行って、終ったら給料は払うから、安全な場所で待っててくれ」と言われた兵士たちは、立場一転、「連れてってくれ」「カエサルの許で戦わせてくれ」と泣き出す。
うーん、カエサル、かっこいい・・・。


ルビコン以後は、手に汗握る戦闘シーンはルビコン以前のガリア戦記に比べると物足りないが、カエサルが断行する改革で天才の創造を知るのが面白いのと、カエサルとアントニウス、2人のローマ男の愛人となる、エジプトの美しき女王・クレオパトラの存在が物語に華をそえる。
塩野七生は、クレオパトラを、頭はよく機知に富んでただろうが、本当の意味での知性があったかどうか疑わしい、と延べ、アントニウスを篭絡するはいいが現状認識せずに過剰な権力を手にしようとする浅はかな女として描かれている。
クレオパトラの言うがままに、ローマに不利益な行動を繰り返し、国民からも見捨てられるが、愛に生きて、愛する女の胸で死ぬアントニウスが物語としてはいちばんドラマチック。

文:◎ キャラ:◎ ストーリー:○

塩野七生による、ローマの誕生から滅亡までを描いた傑作名著「ローマ人の物語」。
このシリーズの中で最も面白いのは、文庫版で3~5巻の「ハンニバル戦記」と、8~13巻の「ユリウス・カエサル」だと思う。
これらの巻だけを抜き出して読んでもハナシはわかるので、友達に「面白い本ない?」と言われたらこの9冊だけを渡すこともある。

歴史本なのに、小説にも負けないドラマチックなストーリーと、登場する英雄達を実に生き生きと描く著者の筆が、「ハンニバル戦記」と「ユリウス・カエサル」を、盛り上げる。
特に、カエサルを書く著者の筆は、本当に面白い。著者は、きっとカエサルが大好きなんだろうと微笑ましくなるくらい。
カエサル自身の発言、まわりの評価、後世の歴史家のことば、著者自身の考えをおりまぜ、その魅力をあますことなく紹介してくれる。

「ユリウス・カエサル」は、カエサルの若い時からガリア遠征を描く「ルビコン以前」と、ローマの共和制打倒のために内乱をおこす「ルビコン以後」に分かれる。

ガリア遠征をカエサル自身が書いた「ガリア戦記」を私が読もうと思ったのも、この本を読んだから。

若い頃は、あまりぱっとしなかったようだ。
30歳を過ぎて、アレクサンダー大王の像を見て、彼が世界を制覇した年齢に達したのに自分は何もやってない、と反省し、ここから、広大になり統治システムがうまく働かなくなったローマ国家を変えるべく、その目的に向かって、ひたすら進む。
政界に進出し、自分も他人も利をこうむるやり方で、着実に出世し、有力者と手を組み、そして8年間にわたる遠征で、ガリアをローマの支配下におくことに成功。
ガリアの各部族との物理的な戦争がある一方でカエサルが倒そうとしている共和制をになう元老院との政治舞台での戦いがあり、ガリア平定後、元老院から最後通告をつきつけられ、ルビコン川を渡って国家に内乱を起こすか、元老院に従い志をあきらめるのか!?というところで「ルビコン以前」はドラマチックに終わる。

リーダーたるものこうあるべき、という理想像のようなカエサル。その言動は、現代の人が読んでも参考になるのでは。

どんなときも自信があり機嫌のよさを失わず、知性と教養にあふれ、ユーモアを忘れず、女にモテて、目的を達成するための合理的な考え方、部下へのいたわり・敗者への寛大さ(それも目的を達成するための手段かもしれないが)・・・・・。著者の書くカエサル像に、魅了され、ルビコン川を渡るときには、自分も一緒に戦いたくなってしまう。

何故カエサルが女にモテたのか?という考察や、借金まみれでも平気だったという彼のお金に対する考え方、なども面白い。

私財をためる事には興味のなかったカエサルだが、公共事業など必要なものには金をおしまなかった。そのために莫大な借金をしても、全く平気。
それは、あまりに多額の借金は、債権者にしてみれば債務者が破滅して取立て不能になっては困るものとなり、債務者を援助してしまうようになる、という人間心理をついた理由から。
事実、カエサルは多額の借金の債権者にさまざまな事で手を貸してもらっている。
金に飢えず、他人の金と自分の金を区別しない、お金に対する絶対的な優越感。
後世の研究者に「カエサルは他人の金で革命をやってのけた」と書かれる様な。
この一事をとってみても、タダ者ではない感じがステキだ。

文:○

司馬遼太郎作品の中では、特にすごく面白くもつまらなくもない作品。
義経ヒーローものを期待するとちょっと違う。

司馬遼太郎の人物の描写は相変わらず見事!読み進むうちにどんどん義経が見えてくる。それは「こういう人」と決定的な形容詞で表すのではなく、さまざまな出来事に対する彼の動き、考え、表情、それらを何度も繰り返し描くことで、私の身の内に、「義経」像が積み上がってゆく。

この本では義経は、超・可憐。政治的には全くバカで子供。義経の最期を知りながら読むので、彼の未来を思い、描かれる子供らしさがしっくりくるし、痛々しく感じる。

中世、美しく生きたい、生涯を美化したい、ただそれだけの衝動で十分に死ぬ事ができる時代。
頼朝は、美しく生きるだけではない、その陰険さが、義経の可憐さに比べて際立つ。頼朝は近世に生きる人として、対比的に描かれている。

反面、義経は戦だけはめっぽう強くて、そのギャップが面白い。なぜ強いのか?という説明も、司馬遼太郎の説明はすごくわかりやすい。
個人が武勇を尽くして戦うことで、全体の勝敗が決するのが当然だった「合戦」に、組織で戦う事、「戦術」を取り入れた天才。そう描かれる。
馬というものは「乗って一騎打ちで戦うためのもの」、という固定観念を破り、馬の機動性を生かし、「全滅を覚悟した長距離活動と奇襲」という戦術思想を持ち込んだ先駆者。ひよどり越えに代表される、馬の使い方が実に鮮やか。

騎馬兵の使い方・・・てどこかでも読んだような・・・と思ったら、日露戦争を描いた名作「坂の上の雲」でも出てきていた。
「日本騎兵の父」と呼ばれた秋山好古が、フランスの士官学校で、騎兵について学んだ時、教官にこう言われた。

騎兵の任務は、機動性を生かして本軍から離れ、集団で敵を乗馬襲撃することである。しかし、事前に敵に発見されれば、目標が大きいだけに脆いという欠点がある。だから、「天才的戦略家のみが騎兵を運用できる」のであると。
凡人は騎兵の欠点を恐れ、ついに最後まで温存したまま使わない。 この教官曰く、古来における天才的戦略家とはの4人だけである。

モンゴルのジンギスカン
フランスのナポレオン一世
プロシャのフレデリック大王
プロシャの参謀総長モルトケ

「日本にそういう天才がいるかね」と聞かれた好古が、ひよどり越えの源義経、桶狭間の織田信長の名前をあげて戦法を説明すると、教官は何度もうなずき、「以後6人ということにしよう」と訂正する。

時代をこえ、本をこえて、こういうつながりを発見したとき、ちょっと嬉しい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。