日々の読書

日々、つれづれなるままに読んだ本の、感想おきば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「告白」に比べると、パンチ不足。読んでいる間は続きが気になって先を急ぎたくなるが、読み終わってみるとあまり印象に残らない。

高級住宅街に隣り合う遠藤家と高橋家。
背伸びしてここに一軒家を建てた遠藤家の一人娘は、私立中学受験に失敗し、毎晩のように癇癪を起こし、色々なものを投げつけたり暴言三昧、親はそんな娘を持て余している。高橋家はエリート医師に美人妻、家を出ている長男は医大生、同居する2人の姉弟はどちらも名門校に通う優等生。
この2家族と、近所に住む小島さと子。
物語は彼らの視点で進んでゆく。
2家族と、それを物見高く観察する小島さと子を交互にちりばめ、語らせ、物語を進めるという構成は面白い。

ある夜、高橋家で、妻が夫を殴って殺害するという事件が起きる。
何の問題もなさそうに見えた家庭で、何が起こったのか?
事件当日、姉は外泊しており、弟は事件以来、行方不明。
真相がわからないまま、様々な視点で、それぞれの家庭の物語が少しずつ語られる。

登場人物たちは、みんな問題がある。
みんな自分勝手だったり、事なかれ主義だったり、読んでいて腹立たしいシーンがいくつもあるが、全員、善人でもなければ悪人でもない。
それぞれ事情を抱え、それぞれができる精一杯をやって毎日を生きている至って普通の人たち。
そういう普通の家庭に起こりうる、問題を描いた作品、なんだろうか?

自分の都合しか考えていないと思っていた小島さと子についても、ラストでは見違えるような親切な態度で、それについて
「冷静に考えると、こちらが自分の知っている、ひばりヶ丘で一番頼りになる小島さんちのおばさんだった。」
と記述されている。
誰でも、悪意を持って人に接するわけではなく、それぞれの都合で生きていて、その都合によって、他人に良くできたり、できなかったりする、という事なのだろうか、と思った。


スポンサーサイト
映画にもなった話題作。
続きが気になって気になって、一気に読んでしまった。

とある田舎の中学校で、終学式の後に担任の女教師が生徒たちに語りかけているのが始まり。
私の娘は事故死ではない、このクラスの生徒に殺された、と。


生徒達が毎日飲んでいる牛乳。
女教師の身の上話。
他クラスの男教師が女生徒に呼び出された話。

話はあちこちにとんで、とりとめがないように見えるのに、実はその1つ1つが大事な伏線。
語り口はあくまで淡々とし、それがもどかしくてイライラするが、最後に犯人に告げた内容で、静かさが怖さを引き立てる。
全て女教師のモノローグで、話を聞く生徒達の反応も教師の語りの中にしか出てこない。
衝撃的な告白に生徒達が騒ぐシーンも間接的にしか表されず、モノローグの穏やかさが、穏やかな怖さが一貫して乱れない。
こういう書き方、うまいと思う。

その後、生徒の1人、犯人、犯人の家族…とモノローグが続き、女教師の告白だけで十分物語が完成してると思ったのに、事件はさらに深掘りされ、さらに物語も進み新たな事件も起こってゆく。

が、読後感が悪いのと、読者を置いてけぼりにするようなクールな進み方で、再読したいとあまり思わない。

何度も読み返したいと思うのは、閉じてから、幸せとか人間の強さをしみじみ感じるような本だ。
この本はラストも後味が悪い。
物語としては、意外性があり、かつ、これまでの話も生かされたよいオチだが。


各モノローグを見ていくと、同じ出来事に対して各関係者が、全く違う感じ方をしているのが面白い。
ある人の行動の理由を「こうだ」と思ってそれを裏付けるような事実がいくつもあっても、当人のモノローグでは全く違う理由が書かれている。
そのズラし方はうまい書き方だと思った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。